logo

『読み聞かせリレープロジェクト 2012年度実施報告書』を発行しました

全労済 2013年07月19日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/07/19

全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)

東日本大震災を風化させない取り組み
『読み聞かせリレープロジェクト 2012年度実施報告書』を発行しました

 全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会 理事長:田原憲次郎)では、このたび、『読み聞かせリレープロジェクト2012年度実施報告書』を作成しました。
 被災地の保育園等における読み聞かせ会や、2013年3月16日に江東区の豊洲文化センターで開催した「きずな公演」の様子など、『読み聞かせリレープロジェクト』の取り組みの概要を掲載しています。ぜひご一読ください。
 また、全労済ホームページにも掲載していますのであわせてご参照ください。
 リンク

■『読み聞かせリレープロジェクト』とは…
 東日本大震災の被災地や避難者の子どもたちの心のケアと健全育成を目的に、2012年11月より岩手県・宮城県・福島県・東京都で行ったプロジェクトです。震災を体験し、その後の生活の変化も余儀なくされた子どもたちが、ひとときの間絵本の世界に浸り、夢中になってくれたらと願い実施しました。
 子どもたちに大人気のアンパンマンの作者、やなせたかし氏の著作『やなせたかしのメルヘン絵本』のタペストリーの前で行われる読み聞かせ会は、36ヵ所の保育園等を巡り、延べ2,551名の子どもたちを対象に実施しました。コミュニティFMでの放送や、複合イベントの開催も行いました。
 当プロジェクトは、やなせたかし氏のほか、趣旨に賛同いただいた、女優で劇団目覚時計を主宰する稲垣美穂子氏、地元FM局のパーソナリティの方々や複数のNPO、読み聞かせボランティアなど、読み手として参加いただいた方々を中心に、たくさん皆さまのご協力を得て実現しました。

■タペストリー絵本を無料で貸し出ししています!!
 読み聞かせに使用したタペストリーをすべて無料で貸し出しを行っています。
 タペストリーは50作品、90本あります。読み聞かせや展示などにぜひご活用ください。
・ 貸し出し期間:1週間程度
・ 貸し出し本数:1本~3本程度
・ 送料:原則、往復全労済負担
 ご希望の方は、お気軽にご相談ください。
<お問い合わせ>全労済本部 総務部 社会貢献推進課 03-3299-0161(代)まで


 全労済は、「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」という理念にもとづき、積極的に地域社会に貢献する活動を展開しています。今後も、東日本大震災による被災者への支援、被災地の復旧・復興に向けてさまざまな支援活動に取り組んでまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。