logo

株式会社エム・シー・エヌ、KDDI『auスマートパス』内の検索システムおよび検索結果広告配信管理システムを提供

株式会社エムシーエヌ 2013年07月17日 14時00分
From ValuePress!

独自のバーティカル検索技術をベースにした検索システムおよび検索結果広告配信管理システムを提供

携帯検索・広告のソリューションプロバイダー、株式会社エム・シー・エヌ (本社:東京都目黒区 代表取締役社長:マーク・ブックマン 以下、MCN)は、2013年7月17日、株式会社mediba(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大朝 毅 以下、mediba)がKDDIの『auスマートパス』にて運営を行うサービスのうち、スマートパス検索(*1)、アプリ検索およびメニューリスト検索において、MCN独自のバーティカル検索技術をベースにした、検索システムおよび検索結果広告配信管理システム(以下、本システム)を提供することを発表いたしました。

【検索システムから広告配信管理機能まで一貫して提供】
本システムは、クラウドをベースに構成され、「auスマートパス」内でのオーガニック検索(*2)として、スマートパス検索、アプリ検索、メニューリスト検索をサポートします。また、これらの検索でユーザーが入力したキーワードと各アプリやコンテンツに含まれるタイトルやメタデータが一致した場合、検索結果のPR枠へ広告として配信する機能もサポートします。また、この検索および広告配信機能に加え、管理画面機能も提供することで、medibaの本件に係る業務全般を支援いたします。

検索システムについては、「auスマートパス」のリニューアルに伴い、6月6日より稼動、検索結果広告配信管理システムについては、6月17日からのトライアル期間を経て、7月16日より本格稼動を開始しました。
MCNは、「auスマートパス」における検索および検索結果広告をシステム面からサポートし、ビジネスの発展に寄与することを目指します。

今後もMCNは、独自の携帯検索ソリューション技術に基づくサービス開発で、国内はもとより、グローバル展開を含め、価値あるサービスの提供に努めてまいります。

*1:スマートパス検索とは、「auスマートパス」内のアプリ、クーポン、映像、ブックの各コンテンツを検索キーワードに基づき横断的に検索、統合して結果を表示するものです。ユーザーにとって、関連情報を一度に収集できる便利な機能です。
*2:オーガニック検索とは、独自のアルゴリズムによって順位付けをして結果を表示する検索のことで、広告を含まない部分を指します。

■auスマートパスについて
「auスマートパス」は、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社が2012年3月1日より提供している月額390円(税込)のauスマートフォン向け定額サービスで、会員数は600万人を超える。

※「auスマートパス」 はKDDI 株式会社の商標または登録商標です。

■株式会社mediba について (リンク
KDDI のauスマートパスを中心に広告事業、メディアプロデュース事業、新規事業を展開し、進化を続けるモバイル業界において、スマートフォンへの対応など常に時代にマッチした、企業とユーザーをつなぐサービスを提供しています。

■株式会社エム・シー・エヌについて
株式会社エム・シー・エヌ(以下、MCN)は、携帯検索・広告のソリューションプロバイダーを主たる事業とする日本法人として2007年6月に設立されました。日本国内およびアジアを中心に独自の技術をベースとしたサービスで事業展開を行っています。
MCNのグローバル拠点は、東京、シンガポール、バンコク、シリコンバレーに位置し、新たな事業機会、市場の創出に注力した活動を行っています。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社エム・シー・エヌ
担当者名:小林直樹
TEL:03-3715-6361
Email:pr@mcn-inc.com
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事