logo

e2vの航空宇宙と防衛向けの半導体ソリューション製品群に高信頼性Qorivva(TM)マイクロコントローラが新たに登場

e2v 2013年07月17日 13時55分
From JCN Newswire

Tokyo, July 17, 2013 - ( JCN Newswire ) - 高信頼性半導体ソリューションの世界的なトップ企業である e2v は、本日、Qorivva(TM)マイクロコントローラを高信頼性バージョンのリリースでサポートする計画を発表しました。この製品群に追加される最初の製品は、次世代アビオニクス処理素子を実現する PC5674F で、これはきわめて少ない消費電力で優れた演算性能を発揮します。

航空機プラットフォーム向けの分散型電子回路は、航空宇宙産業と防衛産業から大きな注目を浴び始めています。航空機のジェットエンジンや翼の内部に電子制御部を直接組み込むことで、重量増の要因であるケーブルを大量に排除できると同時に、燃費の改善も含め、システム全体の性能向上が望めます。このような電子制御部は、高温環境と極端な低温環境の両方で継続的に動作できることが求められ、一方でデータを処理して複雑な演算をこなすことも必要です。e2v の新製品 PC5674F はこのような要件を満たし、メモリとアナログ機能をその内部に組み込むことで、航空機内で占める空間を大幅に縮小しています。PC5674F の高信頼性版の登場により、過酷な環境に曝されるアクチュエータの近傍に演算素子を組み込むことも可能になるので革新的な設計が実現し、ケーブル重量を削減しながらシステム性能の向上を図ることができます。航空機プラットフォームに従来の MPC555、MPC566、MPC5554 などを使用しているすべてのお客様にとって、PC5674F は性能向上に向けた現実的な道筋ともなります。

PC5674F は、最高 264 MHz のクロックで動作する Power Architecture(TM) e200z7 コアを基礎として、内部に高度な機能を多彩に組み込んでいます。その機能として、デジタル信号処理向けの浮動小数点演算ユニット (FPU) に対応した単一命令多重データ処理 (SIMD)、32 ビット処理のメモリ管理ユニット (MMU)、32KB L1 キャッシュなどがあります。PC5674F では、高度なプログラマブル I/O コントローラである eTPU2 時間プロセッサ ユニットを採用し、複雑なタイミングと I/O の管理をコアから独立して実行できるようにしています。さらに、FlexCAN、eSCI、DSPI、外部バス インタフェース (EBI) など、数種類の通信インタフェースを備えています。

このハイエンド マイクロコントローラは、エラー訂正コード (ECC) を備えた 4MB のオンチップ フラッシュ メモリも備え、プリント基板上の占有面積と複雑さを低減しています。PC5674F は、64 チャネルのクワッド 12 ビット ADC を内蔵しているので、センサーから信号を直接受け取ることができ、基板上に外付けアナログ部品を配置する必要がありません。

e2v でマーケティング担当責任者を務める Eric Marcelot は次のように述べています。「PC5674F は、航空宇宙および防衛向けの弊社プロセッサ製品群に追加された、きわめて高い商品力を持つ製品です。軍需用途の温度範囲全域にわたってきわめて少ない消費電力で動作できる処理素子は、分散アビオニクスのような組み込み用途におけるキーパーツです。この高信頼性マイクロコントローラをお客様に採用いただき、次世代航空機向けの革新的なシステムを構築できることを期待したいと思います」

e2v では、516 端子の PBGA パッケージで PC5674F を提供し、RoHS 対応オプションと鉛使用版オプションを用意する予定です。また、軍事向け温度範囲 (-55~+125度) 対応のほか、極端な環境での一時的な使用を必要とするお客様向けに、スクリーニングによる 150度 対応版プロセッサを開発する計画もあります。

会社ロゴ
リンク

参考情報

e2v について

e2v は、高性能なシステムおよび機器のための専門テクノロジの大手グローバル プロバイダであり、医療科学、航空宇宙防衛、および商工業市場におけるさまざまな用途のためのソリューション、サブシステム、およびコンポーネントを提供しています。

e2v は従業員数約 1600 名で、ヨーロッパ、北アメリカ、アジアに設計および運営施設があり、グローバルな販売および技術サポート オフィス ネットワークを有しています。年間売上げは 2 億英ポンドで、上場先はロンドン証券取引所です。 www.e2v.com リンク

Freescale および QorIQ は米国およびその他の国における Freescale Semiconductor, Inc. の商標または商標登録です。Power Architecture and Power.org のワードマークおよび Power and Power.org のロゴおよび関連マークは Power.org によって認可された商標およびサービス マークです。

その他すべての製品またはサービス名は、各所有者の所有物です。

広報担当連絡先:
Jessica Broom (Group Marketing Communication Manager)
Email: jessica.broom@e2v.com
電話: + 44 (0) 1 245 453 607

フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
Fleishman-Hllard Japan Inc.
吉田直人(Yoshida, Naoto)
電話 +81-3-6204-4364
Email Naoto.Yoshida@fleishman.com

概要:e2v

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事