logo

東南アジア3国の法律事務所と業務提携

増田パートナーズ法律事務所 2013年07月12日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月12日

増田パートナーズ法律事務所

東南アジア3国の法律事務所と業務提携

増田パートナーズ法律事務所(東京都千代田区 代表:弁護士・ニューヨーク州弁護士)は、近時の日本企業における東南アジア諸国への積極的な海外進出をサポートするため、タイ、フィリピン及びマレーシアにおいて、現地の有力法律事務所と業務提携を行ないました。なお、フィリピンの法律事務所との業務提携は非独占的ではありますが、フィリピンにおける日本企業のビジネス拡大に向けたサポートへのコミットメントは、タイ、マレーシアでのサポートと同様であります。
また、タイにおいては、リエゾンオフィスも設けました。ただし、マレーシア、フィリピンにおいては、現地の法律により、外資系法律事務所のオフィスの設立が認められていないことから、当面は現地事務所との業務提携を最大限活用していきます。

今回の東南アジア諸国の法律事務所との業務提携等を通じ、弊事務所は、小規模事務所の利点である柔軟性と機動性を活かして、日本企業の海外進出や現地での法的サポート、紛争解決等に尽力すると共に、共同セミナーも開催し、既存クライアントの皆様や東南アジア諸国へ進出を考えている日本企業の皆様に、より的確な法的サポートを行って参ります。

<提携先事務所>
タイ
The Unified Counsel, Group of LAWMANTELL
The Issara, 296/60 Ladprao Road, Jompol, Jatujak,
Bangkok 10900, Thailand

フィリピン
ROMULO LAW OFFICE
21st Floor, Philamlife Tower, 8767 Paseo de Roxas
Makati City, 1226, Philippines

マレーシア
SF CHAN & CO.
Advocates & Solicitors
No 78 (Second Floor), Jalan Ipoh, 51200, Kuala Lumpur, Malaysia


<増田パートナーズ法律事務所>
2008年1月設立。現在パートナー3人、アソシエイト3人、オブカウンセル2人の8人体制で、企業法務一般、M&A、コンプライアンス、リスク管理、会社関係訴訟、知的財産権、不動産証券化等幅広い法律分野における法的サービスを提供している。

<弁護士・ニューヨーク州弁護士 増田英次>
1963年岐阜県生まれ。1987年中央大学法学部法律学科卒。1990年弁護士登録。西村総合法律事務所(現西村あさひ法律事務所)、メリルリンチ日本証券株式会社法務部長(個人顧客部門)・執行役員等を経て、2003年に独立。2008年から現体制で増田パートナーズ法律事務所を主催。
米国イェールロースクール客員研究員、同コロンビアロースクール修士課程終了(LL.M.)
2009年、10年、12年及び13年にBest Lawyers in Japan、2012年にAsia Legal 500においてEmployment Law分野で「Highly Recommended Lawyer」に、また、Finance Monthlyにおいて、「Law Awards2013、
Employment Law Firm of the Year」に選出される。株式会社じぶん銀行、株式会社ペーパーボーイ、コモンズ投信株式会社の社外監査役の他、上場企業等のコンプライアンス委員会委員、買収防衛委員会委員等を務めている。その他詳細は、リンクをご参照下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事