logo

最大4台のコンピューターの画面を同時に表示できるDVI-Dモニター分割切替器CM1164を発売

~選択したコンピューターでキーボードとマウスの操作が可能 監視系システムに最適~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、コンソール用のDVIモニターの表示を分割して、製品に接続された4台のDVIソースデバイスを出力し、ここから選択したデバイスのキーボード・マウスを操作することができる、モニター分割切替器の新製品「CM1164」を好評販売中です。
本製品は用途に応じてソースの出力レイアウトを自在に変えられる、多彩なディスプレイモードを特長とします。
一箇所から複数のシステムを統括してモニタリングできるため、監視系のシステムへの活用に適した製品です。

製品の主な特長とメリット


1.柔軟性に富んだ多彩なディスプレイモード
本製品はモニタリングに便利なディスプレイモードを3種類提供しています。デフォルトでは選択デバイスの出力をフルスクリーンで表示(フルスクリーンモード)しますが、最大4台のコンピューターを1画面に同時に表示(クワッドビューモード。図1参照)したり、選択したソースを中央に表示し、その他のソースを1~3つの小さなウィンドウで表示(ピクチャ・イン・ピクチャモード、またはピクチャ・バイ・ピクチャモード デュアル/トリプル/クワッド。図2参照)したりすることもできます。


2.DCC(デイジーチェーン・コントロール)機能
最大3台のCM1164をデイジーチェーン接続で追加すると、最上位のステーションに接続されたキーボードとマウスを使って最大16台のコンピューターを操作することができます。


3.ディスプレイモードでの表示位置や大きさをマウスで簡単に変更できる「チャンネルエディター」機能
クワッドビューモード、およびピクチャ・イン・ピクチャモードやピクチャ・バイ・ピクチャモードの各ディスプレイモードで、ソースの出力が表示されるセクションを「チャンネル」と呼びます。「チャンネルエディター」機能を使うと、このチャンネルの表示位置や大きさ(大/中/小の3段階)をマウスで簡単に変更することができます。目的に合わせて自由にレイアウトすることが可能です。


4.直感的な操作を実現する「ハードウェアカーソルモード」機能
「ハードウェアカーソルモード」を有効にすると、接続されているコンピューター自身のカーソルとは別に、チャンネルを操作することができる黒いカーソルが表示されます。このモードでは、選択するコンピューターを切り替えたり、チャンネルエディター機能でチャンネルの表示位置や大きさを変えたりする操作も、ウィンドウ表示形式のアプリケーションのように、直感的に扱えるのが特長です。


5.日本語対応多言語OSD搭載
本製品には、日本語をはじめとした多言語対応のOSDを搭載しています。初めて製品に触れる人も直感的に操作することのできるユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。


製品型番 製品名
CM1164 4ポートDVIモニター分割切替器 218,000円
(販売中)

このプレスリリースの付帯情報

CM1164外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。ユーザーニーズにあったサービスを提供することで、日本におけるKVMスイッチやビデオ製品、電源関連製品の更なる市場拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事