logo

エスキュービズム、タブレット端末を用いた 注文入力システムに関する特許を取得

~iPad miniを使った飲食店向けハンディ『Orange Handy』~ ~店員の使いやすさを重視した直感的な操作で店舗運営をスムーズに~

EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長薮崎敬祐、リンク 以下エスキュービズム)は、iPad miniを使った飲食店向けオーダーエントリーシステム「Orange Handy」に関する国内特許(2013年6月19日特許査定、特許番号は未定、発明の名称:注文入力プログラム、注文入力装置)を取得したことを発表します。



EC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長薮崎敬祐、リンク 以下エスキュービズム)は、iPad miniを使った飲食店向けオーダーエントリーシステム「Orange Handy」に関する国内特許(2013年6月19日特許査定、特許番号は未定、発明の名称:注文入力プログラム、注文入力装置)を取得したことを発表します。
リンク

「Orange Handy」はiPad miniを使った飲食店向けオーダーエントリーシステム(OES)です。飲食店でのオーダーエントリー(注文受付)業務に最適化された機能を多数、標準搭載しています。Orange Handyでオーダーを取って、キッチンへ送信。空席状況やお客様の入店経過時間の確認、配膳済み/未配膳のオーダーを確認するといった店内の状況把握が、注文・配膳と一緒にスムーズに行えます。
リンク

今回取得した特許は、Orange Handyのベースとなる技術で、初心者でも簡単に注文を入力できるよう設計された「全ての操作を2タップ以内で行うことができる」ユーザーインターフェース(UI)および注文入力プログラムです。

これまで飲食店で使われてきた一般的な専用ハンディ端末は、商品がグリッド状に配置されているため、目的の商品を探すために上下左右の視線移動が求められ、1つのボタンに複数の商品が関連付けられているなど複雑なユーザーインターフェースとなっていたため、アルバイト店員など端末操作に慣れていない店員では注文入力に時間がかかったり、注文ミスが発生しやすいという問題がありました。

そこで、エスキュービズムはハンディターミナルの画面を左右に分け、両手でグリップした際に右手親指で商品カテゴリを選択し、左手親指で商品をタップするだけで注文を入力できるというUIを発明。また、画面上部に表示されるタブをスワイプする(下に引っ張る)ことで入力済みの注文一覧を表示でき、注文数の変更や注文の取り消しにも即座に対応できるという画面構成は今までにない新技術であることが認められ、「2タップオーダーエントリーシステム」として特許を取得しました。

■発明の特徴1 右手で商品カテゴリを選んで、左手でオーダー商品をタップ


■発明の特徴2 画面上からすぐに出せるオーダーの一覧


■「Orange Handy(オレンジハンディ)」の詳細はこちらをご覧ください。
リンク

■会社概要
社名: 株式会社エスキュービズム( リンク
代表者: 代表取締役社長薮崎敬祐
所在地: 東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA 館4 階
設立: 2006 年5 月11 日
資本金: 121,575,000 円(資本準備金51,575,000 円含む)
事業内容:
1.EC ソリューション事業「EC-Orange(EC オレンジ)」
2.O2O ソリューション事業「EC-Orange POS(EC オレンジPOS)」
3.ビッグデータソリューション事業「NanaHoshi(ナナホシ)」
4.スマホ自動変換CMS ソリューション事業「あかもん」
5.就職活動支援事業「会社なび就職活動」
6.ビジネスマッチング事業「会社なび外注先探し」
7.人工光水耕栽培プラント開発事業「箱庭栽培」
* 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

【お問い合わせ】
株式会社エスキュービズム担当:丸山
電話(03)6430-6730 メールsupport@ec-orange.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。