logo

夏休みは“社会につながる人間力”を育むプログラム

株式会社キッズベースキャンプ 2013年07月08日 12時23分
From Digital PR Platform


 東京・神奈川で民間学童保育施設を20ヵ所運営するキッズベースキャンプは、今年も夏休みの時間を活用してお子様の“社会につながる人間力”を育む様々なプログラムを行って参ります。夏休み期間中、各店舗で宿泊イベント、社会科見学、外出イベントなど、180以上のイベントプログラムを実施します。

 学校がない夏休みの時期は、共働きの家庭はもちろん、そうでない家庭にとっても、学期中よりお子様の居場所や時間の過ごし方に気を使う時期です。保護者にとって夏休みは、お子様のスケジュール管理、昼食・お弁当の準備、宿題の手伝いといった様々な負担が発生するため、学童保育へのニーズが高まります。KBCでは、長期休み期間中は、朝8時からの延長保育を行うほか、昼食の提供、施設によっては、朝の送迎など、保護者の不安に応えるきめ細かいサービスを提供しています。

 他方、1年365日のうち約40日を占める夏休みは、お子様を成長させる大きなチャンスでもあります。KBCは、夏休みの期間を活用して、子どもたちの“社会につながる人間力”を育む、バランスの取れた様々なプログラムをご用意しています。

 宿泊イベントでは、鴨川シーワールドを訪れ、水槽の前に布団を敷いて一夜を明かす「水族館に泊まろう」や、大自然の中で危険回避能力や責任感、自立心を養う毎年恒例の人気プログラム「サマーキャンプ」を実施します。また、身近な事例から社会や経済の仕組みを学ぶKBCのオリジナルプログラム「キッズMBA」の一環として、物流センターを訪れ、流通の現場を見学するプログラムや、東急ストアの裏側に潜入し、そこで行われる仕事について学ぶプログラムを行う予定です。

 昨今の“アベノミクス”などで景気が回復基調にあることも影響し、夏休みの期間を活用してお子様に特別な体験して欲しいと願う保護者は増加の傾向にあります。KBCは、上記の他にも各店舗での夏祭りやネイティブスピーカーを招いた「KBCイングリッシュ」、クッキングや工作、スポーツ大会など、今夏、お子様を大きく成長させる、様々なイベントプログラムを提供して参ります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。