logo

GE、工業用ワイヤレスフラットパネルディテクタDXR250C-W、新発売

GE Japan 2013年07月08日 11時30分
From PR TIMES

GEの医療分野と工業分野のX線撮影における専門性と経験を生かし、工業用放射線撮影のさらなる効率化を実現

GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金 尚郁)非破壊検査機器営業本部では、工業用放射線撮影のために開発されたワイヤレスタイプのポータブル型フラットパネル ディテクタDXR250C-Wの販売を本日より開始致します。



このDXR250C-Wには、GEが長年にわたり研究をおこなってきた 医療分野と工業分野のX線撮影における専門性と経験が生かされており、高い安全性や作業の 効率性・生産性の追求といった工業分野のさまざまなニーズを満たした放射線撮影装置です。

主な特長
1.ワイヤレス対応
 残量表示機能付きリチウムバッテリを採用し、ワイヤレス通信(IEEE802.11g準拠、最大通信距離80m,セキュリティ設定WEP2)に対応。 また、モバイルルーターを使用することでより広範囲での使用が可能。さらに、高速Wi-Fi通信モードによる迅速なデータ処理で準備・作業時間の短縮化も実現
2. 優れたポータビリティ
 8インチのフラットパネルディテクタは、重量わずか3.5Kg、厚さ25mmとコンパクト設計。持ち運びに便利なため、アクセスが困難でありながら携帯性が必要な場所に最適
3. 堅牢な設計
 防塵/防滴/耐衝撃のアルミニウム製ハウジングと衝撃吸収パネルを採用。また機械的保護強度を増すために、接続箇所と緩衝材を追加したハードカバーをオプションで用意するなど過酷な環境でも使用可能な高耐久型設計
4. Rhythmソフトウェア対応 & 豊富なアクセサリ
 X線検査(コンピューティッドラジオグラフィ、デジタルX線撮影、フィルム撮影)および工業用内視鏡検査に対応の画像評価・データ管理ソフトウェアRhythm(リズム)に対応
 Wi-Fi通信でシステムのセットアップ、画像取得およびデータ処理が簡単
 使用環境に応じて堅牢型または準堅牢型ノートパソコンの選択が可能


主な使用分野および用途
保温材下や配管サポート接触部の腐食、配管減肉、溶接検査、熱交換器、小口径配管の検査、機械的健全性の確認、およびすべての石油化学やその他の産業における検査に最適です。


GEについて

GEは、世界が直面している困難な課題に取り組む企業です。人材とテクノロジーを最大限活用して、インフラ構築、電力供給、運輸や医療、金融に関わるソリューションを提供しています。日本においてGEは、より安全でクリーンなエネルギーの供給や、急速に進む高齢化に対応する医療サービスなどに取り組んでいます。これらの課題を解決するために、技術革新を進め、ステークホルダーと協働して、日本の再生と持続的な成長を目指しています。エジソンを創始者とするGEは、イマジネーションを大事にするとともに、実行する会社でもあります。課題解決のために行動を起こす、それがGEです。日本におけるGEの活動については、 リンク をご覧下さい。

GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社
非破壊検査機器営業本部について

GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金 尚郁)非破壊検査機器営業本部は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の天然資源採取機器部門であるGEオイル&ガスの一部として、お客様の品質、安全を守る非破壊検査ソリューションを提供しています。モノを破壊したり 傷つけたりせずに内部の状態を検査する工業用の超音波探傷器・厚さ計、硬さ計、渦流探傷器、導電率計、X線発生装置、自動現像機、X線フィルム、デジタルX線システム、工業用内視鏡、各種ソフトウェアを製造し、世界各国にて販売・修理・校正・トレーニングを実施しております。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。