logo

つくば環境スタイル“SMILe”を具現化する住民主導の『サスティナブルコミュニティ』構想推進協定を締結

大和ハウス工業株式会社 2013年07月02日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/07/02

大和ハウス工業株式会社
NTT都市開発株式会社
つくば市

「つくば環境スタイル“SMILe”を具現化する住民主導の
『サスティナブルコミュニティ』構想の推進に関する協定」を
大和ハウス工業,NTT都市開発,つくば市の3者間で本日締結

 つくば市は「つくば環境スタイル“SMILe”~みんなの知恵とテクノロジーで笑顔になる街~(※1)」(以下,つくば環境スタイル“SMILe”)の提案により,平成25年3月,国から環境モデル都市(※2)に選定されました。この提案でつくば市はつくばエクスプレス沿線にある葛城地区C43街区を先進的かつ先導的な取組を進めていく「コミュニティ型低炭素モデル街区」に位置づけております。
 この度,葛城地区C43街区における事業主体である大和ハウス工業(株)(以下,大和ハウス)及びNTT都市開発(株)(以下,NTT都市開発)と,環境モデル都市として「つくば環境スタイル“SMILe”」の取組を進めるつくば市で,「つくば環境スタイル“SMILe”を具現化する住民主導の『サスティナブルコミュニティ』構想(※3)(以下,本構想)の推進に関する協定」を締結することとなりました。この協定締結により,環境モデル都市・つくばが取り組む「つくば環境スタイル“SMILe”」を具現化し,低炭素型ライフスタイルの実現を目指します。

(※1)
オールつくばでの連携体制をベースに,人々の暮らし(建物や移動)に起因するCO2を重点的に削減するモデル。Smart Community(コミュニティエコライフ),Innovation & Technology(最先端技術),Learning & Education(環境教育,実践),Mobility Traffic(モビリティ・交通)の4つの統合アプローチで,高齢者や子どもをはじめ,あらゆる層の人々が笑顔になる街の実現を目指す。

(※2)
我が国における低炭素社会づくりをけん引する優れたものとして,温室効果ガスの大幅削減や先導性・モデル性など,5つの基準により,国から選定された都市

(※3)
環境モデル都市・つくばが提案した「つくば環境スタイル“SMILe”」を具現化する取組として,国土交通省「平成24年まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」のもと, 申請企業である大和ハウスと,協同提案企業であるNTT 都市開発,(株)プレイスメイキング研究所がつくば市の支援を受け策定した構想



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事