logo

◎PowerGuardが総合保証付きソーラーパネルを日本に配送

PowerGuard Specialty Insurance Services 2013年07月02日 14時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎PowerGuardが総合保証付きソーラーパネルを日本に配送

AsiaNet 53595
共同JBN 0794 (2013.7.2)

【アーバイン(米カリフォルニア州)2013年7月2日PRN=共同JBN】PowerGuard Specialty Insurance Servicesは2日、100万以上の保険つきソーラーパネルがPowerGuardの第三者保証プログラムに記録され、日本市場向けに配送されたと発表した。

PowerGuardの第三者保証によって太陽光発電システムメーカーは、メーカーの予期せぬ破産事例に付加的な強化保証による保護をクライアントに提供することができる。

PowerGuardプログラムは待ち期間、ほかの補償にあるような重要な免責、あるいは大幅な控除免責なしに、当該パネルの即時補償を提供する。保証は解約不能である。支払い不能(破産状態)の際には第三者権限を与えており、モジュール購入者がPowerGuardあるいは保険会社を裁判に訴えることができる。

さらにPowerGuardは最近、Warranty Verification Portal(保証検証ポータル)を開設した。ポータルは、PowerGuardの太陽光発電ステムメーカーのクライアントからのこれら購入パネルが、強化された保証保護の存在確認を支援する目的で開発された。ポータルは日本のモジュール購入者、それを支援する金融機関に対して、利便性を増すとともにリスクを軽減する。

PowerGuard Specialty Insurance Servicesの共同創設者兼マネジングプリンシパルのマイク・マクマレン氏は「PowerGuardは日本市場に供給する太陽光発電システムメーカーの当社クライアントを支援することを誇りに思う。日本の購入者は第三者保証条件とソリューションに厳しく、知識も豊富である。彼らは待ち時間と重要な保険契約内容の除外のない優れた保証カバーを求めている。さらに重要なことは、メーカーが支払い不能に陥った場合、PowerGuardあるいは保険会社に直接訴えを起こしうることである」と語った。

PowerGuardは再生可能なエネルギー会社の独自のリスク管理と保険ニーズに貢献するグローバルリーダーとして、PowerClip(登録商標)第三者保証商品を導入するまで、太陽光発電保証の領域に行き着くまで数年の時間を費やし、100万ドルを投資した。

PowerGuardは現在、主要な太陽光発電OEM企業14社に対して、3000万ユニット余りのソーラーパネルに保険をかけ、その額は80億ドルを超える。

さらに詳しい情報は以下に問い合わせできる。
Mike McMullen
+1.949.224.1325
Mmcmullen[at]powerguardins.com

▽PowerGuard Specialty Insurance Servicesについて
PowerGuardは風力、太陽光、その他代替エネルギー会社に対する独自の保険とリスク管理ソリューションの設計と引き受けを専門とする専門的な再生可能エネルギー・プログラムマネジャーである。

PowerGuardのPowerClip保証商品は最も包括的な契約責任補償であり、再生エネルギーメーカー、プロジェクトデベロッパー、発電事業者、それらに投資する金融機関が利用する。

PowerGuardのRevGuard Solar Project Guarantee Policyは複雑でなく直接的な保険契約であり、Standard & Poor'sからAA格付けを与えられている保険会社との投資クラスの書類で明記されたBalance of Plant Solar Generation Equipmentに関連する瑕疵(かし)に起因する収益の損失を補償する。詳しい情報はwww.powerguardins.comを参照。

ロゴ:Send2Press.com/mediaboom/13-0619-powerguard_72dpi.jpg
リリースの英語バージョン: リンク

ソース:PowerGuard Specialty Insurance Services

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。