logo

ブルーコート、ガートナー社のマジック・クアドラントの セキュアWebゲートウェイ部門で「リーダー」の評価を獲得

ブルーコーシステムズ合同会社 2013年07月01日 16時00分
From DreamNews

ビジネス・アシュアランス・テクノロジーのマーケットリーダーであるブルーコートシステムズ合同会社(本社:東京都港区、プレジデント&マネージングディレクター:川口亨、以下ブルーコート)は本日、リサーチ&アドバイザリ企業であるガートナー社による「Magic Quadrant for Secure Web Gateway 2013(1)」で「リーダー」の評価を受けたことを発表しました。ブルーコートは、ガートナー社が2013年3月に発行した「Market Share(2)」において、2012年度にWebゲートウェイ市場で18%のグローバルシェアを獲得すると共に、世界規模で同市場を牽引した企業だという評価を受けています。ガートナーによると、2012年のセキュリティ市場が7.9%の成長を遂げた一方で、ブルーコートのシェアは、それを上回る12.8%の成長となりました。

ブルーコートの最高経営責任者であるグレッグ・クラーク(Greg Clark)は次のように述べています。
「企業が現時点で最善のテクノロジーを採用し、従業員にそれらのテクノロジーをセキュアに利用させることに取り組む中、セキュリティ業界には抜本的な変化が起こりつつあります。当社はそのビジネス・アシュアランス・テクノロジーで、新たなセキュリティスタンダードを提案することで、顧客が戦略的イニシアティブを推進し、市場での競争力を担保できるよう支援していきます」。

企業とその社員、顧客、そしてパートナーは、ブルーコートのビジネス・アシュアランス・テクノロジーを利用することで、世界最高水準のアプリケーションやデバイス、データソース、テクノロジーが選択できるようになります。

セキュアWebゲートウェイ製品は、ブルーコートのセキュリティ&ポリシーエンフォースメントセンターの要となるものです。ビジネス・アシュアランス・テクノロジーを構成する5要素のひとつであるこのセンターは、脅威およびデータ損失からビジネスを保護し、事業継続性を担保します。セキュリティ&ポリシーエンフォースメントセンターによって、企業は安全かつ生産性の高いインターネットおよびネットワークエクスペリエンスをユーザーに提供することができます。

セキュリティ&ポリシーエンフォースメントセンターは、モビリティ・エンパワーメントセンター、トラステッド・アプリケーションセンター、パフォーマンスセンターと連携して、ビジネスにおける敏捷性を促進します。レゾリューションセンターはビジネスのガバナンス向上を可能にします。


本件に関する報道関係者問い合わせ先

ブルーコートシステムズ 広報代理
(株)ジェイスピン
Tel: 03-5269-1038
Fax: 03-5269-1039
Eメール:bluecoat@jspin.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。