logo

デュポン・ビルディング・イノベーション、パワー・マターズ・アライアンスに加盟

パワー・マターズ・アライアンス 2013年06月28日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

デュポン・ビルディング・イノベーション、パワー・マターズ・アライアンスに加盟

AsiaNet 53543
【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

-- デュポン・ビルディング・イノベーション(DuPont Building Innovations)、住宅や公共スペース用のデュポン(DuPont(TM))コーリアン(R)(Corian(R))ソリッド サーフェイスへの、スマートフォンやタブレット向けワイヤレス充電ソルーション組み込みを支持

ウィルミントン(米国デラウェア州)、2013年6月27日/PRNewswire/ -- デュポン・ビルディング・イノベーション(DuPont Building Innovations)はパワー・マターズ・アライアンス(PMA:Power Matters Alliance)に加盟し、同アライアンスのその他メンバーと共同で、デュポン(DuPont(TM))のコーリアン(R)(Corian(R))ソリッド サーフェイス製のワークトップへ効果的に組み込むことができる、スマートフォンやタブレット向けワイヤレス充電ソルーションの開発に取り組んでいます。

(写真: リンク )

「住宅の内装ソルーションに用いられる表面材への組み込みは、ワイヤレス電力伝送技術におけるこれからの課題です。」とPMAのプレジデント、ロン・レズニック(Ron Resnick)氏はコメントしています。「デュポンは何十年もの間、新素材分野における革新を牽引してきました。同社のコーリアン(R)ソリッド サーフェイスは、商用施設や住宅の内装とインテリア・デザインの市場において、世界的に知られている第一級のソルーションです。PMAとデュポン・ビルディング・イノベーションとの協力関係は、スマートなワイヤレス電力伝送技術を私達の生活のあらゆる場面へ組み込むことを目指す、PMAのビジョンにおける、記念すべき新たな一歩です。」

PMAはパワーマット・テクノロジー(Powermat Technologies)とプロクター・アンド・ギャンブル(Procter & Gamble)によって、2012年に設立されました。同アライアンスの理事会には、エーティー・アンド・ティー(AT&T)、デュラセル(Duracell)、スターバックス(Starbucks)、そして米国政府のエネルギースター(Energy Star)(無議決権)の代表者も参加しています。

「PMAに加盟し、未来の内装ソルーションを創出するにあたってデュポン(TM)のコーリアン(R)ソリッド サーフェイスが持つ無限の可能性を証明できることを、大変嬉しく思います。」と、デュポン・ビルディング・イノベーションのグローバル・マーケティング・ディレクターであるルスラン・ユスポフ(Ruslan Yusupov)氏はコメントしています。「特定用途で用いられるデュポン(TM)コーリア(R)ンへワイヤレス電力伝送技術を組み込む上で最適な、技術や提携先を当社はこれまで検討してきました。PMAはこれら両方の条件を満たしています。私達が生きるモバイル社会をさらに発展させる上で、ワイヤレス電力伝送技術は欠かすことができないと考えます。そして、デザイン面での万能性と美しさを兼ね備えたデュポン(TM)コーリアン(R)ソリッド サーフェイスと、この技術を組み合わせることを楽しみにしています。デュポン(TM)コーリアン(R)製のサーフェイスは、何十年もの間、住宅や公共空間へ優れた機能とスタイルを提供してきました。これからは、この性能をさらなる高みへ引き上げつつ、一日中充電を持続させるという諸産業や消費者の新しいニーズを満たすことを目指します。」

パワー・マターズ・アライアンスについて (www.powermatters.org)
PMAは、パワーマット・テクノロジーとプロクター・アンド・ギャンブルによって2012年に創設されました。PMAの規格を満たす幅広い製品は、主要な小売店にて購入できます。また、PMA対応の「ワイヤレス充電スポット」は世界の主要な空港、スタジアム、レストラン、ジム、美容院などに設置されています。PMAへの加盟はあらゆる団体へ開かれており、同アライアンスの技術上の規格はウェブサイト www.powermatters.orgにて全加盟メンバーを対象に公開されています。

デュポン(TM)コーリアン(R)について(www.corian.com, www.facebook.com/CorianDesign)  
研究、技術、製品開発、新たな応用法の開発、マーケティング、におけるデュポンの継続的な努力、投資、そして創造性によって、デュポン(TM)コーリアン(R)ソリッド サーフェイスは、住宅や公共/商用空間の屋内外を対象とした、上質で、効果的、機能的、かつ信頼性の高いソルーションを生産する上で、他に類を見ない万能性と無限の可能性を提供する、デザインツールとなっています。

キッチンからランプ、バスルームから建物の外装、座席ソルーションから住宅自動化システム、ラジエーターからタッチ制御用表面、テーブルから内装/ファッション・アクセサリーまで―これらはデュポン(TM)コーリアン(R)の「魔法」を目にすることができ、人々が日々の生活の中で使用または体験するきわめて幅広い製品、システム、物質のうちのごく一部です。そして、このリストは今も伸び続けています。

デュポン(TM)コーリアン(R)ソリッド サーフェイス(全製品または特定色)は、ULエンバイロメント・グリーンガード認証(UL Environment GreenGuard Certification)、ホーム・イノベーション・リサーチ・ラボ/NBGSグリーン認証製品(Home Innovation Research Labs/NBGS Green Certified Product)、サイエンティフィック・サーティフィケーション・システム(Scientific Certification Systems)、エコスペシファイアー(Ecospecifier)といった、数々の認証を受けています。同材の性能はこの他にも、NSFインターナショナル(NSF International)によるフード・コンタクト認証、ロイヤル・インスティテュート・オブ・パブリック・ヘルス(The Royal Institute of Public Health)及びLGAクォリテスト(LGA QualiTest)による衛生機能(hygienic performance)認証など、この他にも様々な権威ある団体による認証を受けています。

デュポン(TM) コーリアン(R)を製造するデュポン社の施設はISO 14001によって認証されています。複数年に渡る改善プログラムの結果、副産物や産業廃棄物を減らし、再利用し、リサイクルすることで、これらの施設の全てが「廃棄ゼロ」を達成しています。

デュポンについて
1802年の創業以来、デュポン(NYSE: DD)は革新的な製品、素材、サービスといったかたちで、世界中の市場へ世界トップレベルの技術やエンジニアリングを提供してきました。同社は顧客、政府、NGOや思想的指導者と協力することで、世界中の人々へ十分な量の健康的な食料を供給する、化石燃料への依存性を軽減する、生命や環境を保護する、といった世界共通の課題に対するソルーションを見出すお手伝いができると考えています。デュポンと、包括的な革新を目指す同社の努力については、ウェブサイト www.dupont.com  で詳細をご覧頂けます。

デュポンの楕円形ロゴ、デュポン(TM)、そしてコーリアン(R)は、イー・アイ・デュポン・ド・ヌムール・アンド・カンパニー(E. I. du Pont de Nemours and Company)またはその系列会社の登録商標、または商標です。パワー・マターズ・アライアンスのロゴはパワー・マターズ・アライアンス(Power Matters Alliance, Inc.)の所有物です。当プレスリリース中に登場するその他のロゴ、商標、または登録商標はそれぞれの正当な所有者に帰属します。
www.powermatters.org  www.corian.com

連絡先:
デュポン・ビルディング・イノベーション:
デュポン・ビルディング・イノベーション
欧州、中東、アフリカ担当パブリック・リレーション・アンド・メディア・リレーション・マネジャー(Public Relations and Media Relations Manager,Europe, Middle East and Africa)
クラウディオ・グレコ(Claudio Greco)
eメール:claudio.greco@dupont.com

またはパワー・マターズ・アライアンス:

パワー・マターズ・アライアンス
エクスターナル・リレーションズ、グローバルVP(Global VP, External Relations)
スコット・エイゼンスタイン(Scott Eisenstein)
電話:+1-212-297-2762
eメール:press@powermatters.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。