logo

ネットショッピングや電子書籍など、大手企業・団体など200以上のWEBサイト性能測定値 --- アジア「No.1」APMのARGOS(アルゴス)が公開

アルゴスサービスジャパン株式会社 2013年06月26日 10時00分
From ValuePress!

家電量販店オンラインショッピング、旅行代理店トップページ、電子書籍各社などのWEBページの性能比較が一目で判る。実エンドユーザ環境でのWEBアプリ・モバイルアプリの性能モニタリングサービス「ARGOS」が自社のWEBサイトで測定値を公開。前日の平均ローディングタイムを過去7日間の履歴とともに閲覧可能

韓国での圧倒的な市場シェアの実績をひっさげて今年年初に日本進出を果たしたAPM(アプリケーション・パフォーマンス・マネジメント)サービスのアルゴスサービスジャパン株式会社(千代田区三崎町、代表 佐藤茂之)が、この度、自社のサービスインフラで得たWEBサイト性能数値の公開を発表した。

公開されるのは日本を代表するネットショッピングの楽天やAmazon、ヤフーショッピングをはじめ、旅行代理店各社、ネット証券、FX各社など、日本国内の各業界大手企業や団体のトップページのレスポンスタイムなどの性能データで、同社独自の選定により、まずは第一弾として20業界200社あまりの実測データが公開されている。

同社のAPMサービスはいわゆる「実エンドユーザ環境」での測定データの提供であり、日本全国に設置された標準パソコンのブラウザから、実際のユーザと同様に各社のWEBサイトにアクセスをし、その際に得られるデータをセンターサーバにおいて集計し「見える化」したもの。

ラストマイルまで含んだネットワーク要素(DNSの速度やスイッチの速度など)までも分析でき、WEBサイトにふくまれるスタイルシートやJavaスクリプト、イメージコンポーネントなどの一つ一つの部品についてもそれぞれ性能分析と「見える化」が可能になっている。さらに、それらの詳細データを長期的に蓄積したデータベースに対して、20種類以上の分析・見える化ツールを提供する。

ARGOSの「見える化」は特にITやWEB技術について深い知識を持たない経営層や営業、企画、マーケティングなどの部署での活用ができるように判り易いグラフィックスで直感的にデザインされているのも特徴。

測定環境はPCやMacの各ブラウザをはじめ、モバイル端末(スマホやタブレット)なども選択できる。インタネット利用のモバイル端末がPC環境を上回りつつある昨今においては大変重要な機能といえる。また、顧客は独自のWEBサービス性能測定インフラを構築することも可能。

現在は準備中だが、今後メンバー登録をすることによって限定されたARGOSツールを完全無料で利用することが可能。また、ARGOSのすべての機能を利用できるフルアクセスのサービスは日本ではSaaSで提供されており、自社サイトの測定に加えて、参考値とすべく競合他社のWEBサイトのデータなどの取得も可能。

大手企業のWEBサイト性能測定値の閲覧はこちらから。
リンク

お問い合わせは同サイトの「お問合せ」ページから。

アルゴスサービスジャパン株式会社


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:アルゴスサービスジャパン株式会社
WEBサイトの「お問合せ」より
 リンク
Email:info@argos-service.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。