logo

『エイビーロード海外旅行調査2013』 結果発表

株式会社リクルートライフスタイル 2013年06月25日 14時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 北村吉弘)に設置された「エイビーロード・リサーチセンター」(センター長・沢登次彦)は、2012年に海外旅行をした18歳以上の男女を対象に、渡航者の実態を把握することを目的に、2013年3月に「エイビーロード海外旅行調査2013」を実施しました。ここに、渡航先や満足度、今後の海外旅行意向に関する結果をご報告いたします。

――――――――――――――――――――
調査概要
――――――――――――――――――――
●調査名  : エイビーロード海外旅行調査2013
●調査目的 : 海外旅行者の予約状況・消費行動、および人気の渡航先・今後行きたい渡航先を把握し、関係各位の参考とする。
●調査対象 :○スクリーニング調査:関東・関西・東海の3地域より抽出した18歳以上の男女
          ○本調査:2012年の海外旅行経験者(出発月が2012年である海外旅行)
●調査期間 :○スクリーニング調査: 2013年3月14日(木)~3月18日(月)
          ○本調査:2013年 3月25日(月)~ 4月1日(月)
●調査方法 :インターネット調査( (株)インテージのインテージ・ネットモニターを利用)
●調査対象数:○スクリーニング調査:118,202人、調査回収数:54,788人(回収率 46.4%)、調査集計数 : 54,054人
          ○本調査:7,862人、調査回収数:5,193人(回収率 66.1%)、調査集計数:5,077人


――――――――――――――――――――
結果の要約
――――――――――――――――――――
【2012年海外旅行の実態】…P3~
■好調なアジア圏の中で渡航率が減少している「韓国」「中国」。
■中・長距離方面は好調、特に「ハワイ」は渡航率も満足度も上昇!

 □渡航率は2割弱で前回と同程度。レジャー目的の渡航は85%で例年並み。
 □最多渡航先は「韓国」だが、渡航率は過去最高だった前回より減少。
  「中国」も減少しており、アジア圏ではこの2カ国の減少幅が目立つ。
 □中距離、遠距離は好調。なかでも「ハワイ」は渡航率が上昇し、1位の韓国に迫る勢い。
 □総合満足度は1位「アメリカ東部」、2位「イタリア」、3位「ハワイ(オアフ島以外)」。
  渡航率も上昇しているハワイは、オアフ島・オアフ島以外いずれも満足度がアップし、順位を上げた。

【今後行きたい海外旅行動向】…P8
■渡航率の減少した「韓国」は、今後の訪問意向も減少。
■今後行きたい渡航先は、1位「イタリア」、2位「フランス」、3位「オーストラリア」 。

 □今後行きたい渡航先は「イタリア」が4年連続1位。2位「フランス」、3位「オーストラリア」。
  いずれの属性においても「イタリア」が1位を獲得。
 □行きたいエリアの割合は全体的に減少。特に「韓国」の落ち込みが大きく、昨年と比べて7.7ポイントの減少。
  順位も9位(一昨年)→12位(昨年)→18位(今年)と下がっている。

【円高・円安の影響】…P9
■4人に1人が「円高がきっかけ」で海外旅行に。円安の兆しが出始めた昨年末にかけては、今後の円安を予想してか、
 “かけこみ旅行”の動きも?
*調査時2013年 3月25日(月) ~ 4月1日(月)

 □「円高(円安)」がきっかけで海外旅行に出かけた“円高コンシャス”な人は25%。
  年末にかけ円安トレンドが見えたものの、むしろ「円高きっかけ」率は高まり、“かけこみ旅行”的な動きもみられた。

【2012年海外旅行者の2013年以降の海外旅行動向】…P10
 □2013年の海外旅行予定は昨年と同程度。2011年を4.4ポイント上回る84%が「行った/行きたい」(2013年3月時点)と
  回答しており、東日本大震災による旅行意向への影響はなくなったと思われる。


▼『エイビーロード海外旅行調査2013』のPDFはこちら
リンク

▼リクルートライフスタイルについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事