logo

ダッソー・システムズ・ソリッドワークス社、SolidWorks 教育版 2013-2014を発表

ダッソー・システムズ株式会社 2013年06月24日 14時36分
From PR TIMES

最新の3Dアプリケーションとカリキュラムにより、将来の実務に向けて学生たちの学習を支援






ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、最新版の「SolidWorks 教育版 2013-2014」を、2013年6月17日より日本国内でも販売開始したことをここに発表します。

2013年6月14日、フランス、ヴェリジー=ヴィラクブレー発 - 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計、3Dデジタルモックアップ、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)分野のソリューションにおける世界的リーダーであるDassault Systemes(ユーロネクスト・パリ:#13065, DSY.PA)は本日、「SolidWorks(R) 教育版 2013-2014」を発表しました。この最新バージョンでは、複雑な設計作業を効率化する新機能が含まれており、学生はモデルの作成をより容易に、すばやく行えるようになります。また、ユーザー間のコラボレーション機能の拡大と最適化を実現しています。

工学教育のカリキュラム[STEMカリキュラム注1]を作成する際の追加の支援策として、教員向けガイドや授業説明用のPowerPoint、学生向けワークブックが提供されます。さらに、条件を満たす学校には、学生がキャンパス外でも SolidWorks を使用するためのSolidWorks Student Access(自習ライセンス)を無償で発行しています。SolidWorks Student Access を使用することによって学生は、授業の予習・復習だけでなく、CSWA(Certified SolidWorks Associate ・ソリッドワークス認定試験)にチャレンジするための自習もでき、昨年だけでも6,400名を超える学生がこの認定試験に合格しています。企業は SolidWorksの専門知識と最先端のスキルを習得した学生を獲得することは、重要なポイントだと考えています。
ダッソー・システムズは、実施した設計プロジェクトが確実に成功につながるよう一連のサポートツールも提供しています。学生たちは、My.SolidWorks.comにアクセスして、専門スキルを充実させ、SolidWorksコミュニティから情報や専門知識を得ることができます。

t4 Technology Subjects Support Serviceで地域開発担当官を務め、キャッスルトロイ・カレッジ(アイルランド、リマリック市)の教員でもあるKieran Flannery氏は次のように説明しています。「21世紀においてキャリアを伸ばすには、技術スキルが極めて重要であり、将来の実務に向けたサービスとテクノロジーを授業に取り入れることが非常に重要だと我々は考えました。アイルランド教育科学省は、この教育カリキュラムを実行するためのツールを探し、SolidWorksに出会いました。SolidWorks Educationプログラムは、その使いやすさとサポート機能を通して教育と学習を強化しており、すでに、アイルランドにおける技術教育を短期間のうちに大幅に改善しています。」

ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームに基づくこの新しい教育機関向けエディションには、以下の拡張機能が含まれています。

・ SolidWorks Plastics:プラスチック部品や射出成形用金型を設計する最初期の段階で、製造上の不具合を予測し、それを回避するための情報を入手できます。
・ SolidWorks Simulation Premium:設計を容易にし、設計したモデルの解析をそのまま同じウィンドウ内で簡単に検証できます。
・ SolidWorks Flow Simulation:液体の流れを視覚化し、複数の設計バリアントの解析結果を比較できるようにすることで、流体設計の複雑さを軽減します。
・ SolidWorks Sustainability:開発プロセス中に、特定の設計がコスト面、環境面でどのように影響するかを評価します。

今回のバージョンの一部として、SolidWorksの最新製品であるSolidWorks Electricalがオプションとして提供されます。SolidWorks Electricalで、設計やロボティクスを専攻する学生は、2Dのシステム回路図から作業を開始し、3Dで部品をつなぎながら配線配索やケーブルの経路づけを行い、電気関係のプロジェクトを作成できます。SolidWorks Electricalでは、電気設計と機械設計のプロセスが統合されるため、線で表される回路図と、製造を考慮した設計間の関連性を理解できます。

ダッソー・システムズのグローバル業務およびコミュニティ担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントのフィリップ・フォレスティエ(Philippe Forestier)は、次のように述べています。「質の高いSTEM分野の教育によって将来の設計者やエンジニアを準備することが、3Dエクスペリエンス教育プラットフォームの目標です。世界中で25,000を超える教育機関がSolidWorks 教育版を利用して、次世代の人材育成をすすめています。わたしたちは、これらの学生がどのようにアプリケーションを活用して、持続可能性や、きれいな水と空気といったグローバルな課題に対処し、世界に違いを生み出すことになるかを楽しみにしています。」

ダッソー・システムズSolidWorks CEOのベルトラン・シコ(Bertrand Sicot)は次のように述べています。「当社は、公式のトレーニングや認定試験のほか、他ユーザーとの非公式なつながりを通して、あらゆるレベルの設計者とエンジニアのコミュニティに能力を拡大する手段を提供するよう努めています。SolidWorks 教育版の最新リリースでは、即戦力となる人材を育てるツールで、将来成功する次世代の設計リーダーの育成を支援します。」

SolidWorks 教育版 2013-2014は現在、各地域の販売代理店より提供されています。詳細については、リンクをご覧ください。
注1:STEM: Science, Technology, Engineering and Mathematics(科学、技術、工学、数学)
(以上)


■SolidWorksについて
Dassault Systemes 3DExperienceプラットフォームをベースとするSolidWorks 3Dアプリケーションは、数百万ものエンジニアおよび設計者の革新を支援しています。この製品では、直感的な操作で製品設計、シミュレーション、発行、データ管理、環境負荷評価を行うことができます。最新のニュース、情報、オンライン デモンストレーションについては、当社のWebサイト(リンク )をご覧になるか、お電話で1-800-693-9000(北米以外からの場合は+1 781-810-5011)までお問い合わせください。ワールドワイドでは、教育版を含み累計2,103,400ライセンス/170,500社以上出荷済(2013年4月 現在)。

■ソリッドワークス・ジャパン株式会社について
(米) Dassault Systemes SolidWorks社の3DCADソフトウェア 『SolidWorks』製品群等の日本市場における販売・マーケティング、サポートおよびパートナー開拓・技術支援を実施しています。国内主要な製造業を網羅しており、特に設備・装置・機械全般で35%、精密・医療・電子機器・エレクトロニクス全般で35%、それ以外に金型・加工、自動車関連、プロダクトデザイン等に採用されています。現在は単なるモデリングツールではなく、設計を支援するツールとして、設計検証、データ管理、3Dデータ活用のためのマルチプロダクト戦略で市場を拡大しつづけています。設立1998 年 12 月 17 日、代表取締役社長 大古俊輔、従業員数70名。日本国内では教育版を含み累計145,800ライセンス/14,800社以上に出荷済(2013年4月現在)。国内教育機関では710校/88,300ライセンス以上ご利用いただいております。詳細はwww.solidworks.co.jpをご覧ください。

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。
ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の17万社以上のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com(英語)、www.3ds.com/jp(日本語)をご参照ください。

CATIA、SOLIDWORKS、SIMULIA、DELMIA、ENOVIA、GEOVIA、EXALEAD、NETVIBES、3DSWYMおよび3D VIAはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。

関連URL:  リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。