logo

スマホをかざすと図鑑の中から恐竜が飛び出して動き出す! 学研「謎の図鑑」でARアプリ「ARAPPLI」を採用!

アララ株式会社 2013年06月21日 11時27分
From PR TIMES

アララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下アララ)は、株式会社学研教育出版(本社:東京都品川区、代表取締役社長:中村雅夫)が6月21日に発行する幼児~小学生向け図鑑『謎の図鑑』において、ARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されたことを発表いたします。



■お子様の好奇心を刺激する! 映像と音も楽しめる図鑑!
『謎の図鑑』は、古代遺跡や宇宙など世界のあらゆる謎を写真やイラストで分かりやすく解説した図鑑です。今回、学研教育出版では、いろいろなことに最も興味を示す時期である小学生までを対象とした本図鑑にARを採用。紙面だけでは伝えきれなかった、「音」や「映像」を3DCGで表現することで、お子様の好奇心を一層刺激します。
お子様は、立体的に表現されるコンテンツを見ることで、より深く対象物について知ることができるだけでなく、未知の世界へと想像力をはたらかせるようになります。
想像力・好奇心の育成に役立つ楽しい図鑑となっています。

■フクロテナガザルの声と立体的なティラノサウルスを再現
ARを使って紹介されるコンテンツは、「フクロテナガザル」と「ティラノサウルス」の2つ。
お子さま自身が手を動かして、表示される恐竜の大きさを変えることもできるので、飽きることなく学習することができます。※コンテンツを再生する前に「ARAPPLI」をインストールする必要があります。

(1)フクロテナガザルの映像をARで表示
2km先までとどくといわれる、フクロテナガザルの大迫力の声を読者に体感してもらうためにARを採用。スマートフォンを「フクロテナガザル」の写真にかざすとスマートフォン上にフクロテナガザルの動画が表示され、映像と共にその特徴的な声を体験することが出来ます。
(2)動くティラノサウルスをARで立体的に再現
ティラノサウルスをARで立体的に再現しました。スマートフォンを傾けることで360度あらゆる角度からティラノサウルスの形を確認することが出来ます。また、ピンチイン・ピンチアウトで、拡大・縮小表示にも対応しているため、じっくりと恐竜の形について確認することが出来ます。
【動画でもご覧いただけます】 リンク

■「謎の図鑑」詳細情報
世界のいろいろな謎を紹介する図鑑。生き物や、宇宙、地球、自然、人体、恐竜、古代遺跡などの謎を、迫力の写真やイラスト、図解でわかりやすく紹介。現在解明されている謎はもちろん、まだ残されている謎もいっぱいの新図鑑です。
発行 :株式会社 学研教育出版
販売 :株式会社学研マーケティング
定価 :1,900円(税別)
発売日 :2013年6月21日

アララ株式会社では、独自に開発したスマートフォン向けAR アプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』の普及を促進し、ARを使った様々なサービスの展開を図ることで、“ARをもっと身近に!もっと生活の中にある!”そんな社会の実現を目指しています。

■「ARAPPLI」ダウンロード
・App Store  リンク
・Google Play リンク

・「ARAPPLI」
リンク
・「ARAPPLI」(法人向け)
リンク
・Facebook(日本語)
リンク
・Facebook(英語)
リンク
・Twitter
リンク

<アララ株式会社 会社概要>
会 社 名 :アララ株式会社(arara inc.)
U R L :リンク
所 在 地 :〒107-0062 東京都港区南青山1-2-6 Lattice aoyama B1F
設   立 :2010年10月1日
資 本 金 :25,000,000円
事業内容   :QRARを活用したスマートフォン向けARアプリ開発・企画・制作・プロデュース
スマートフォン関連事業(「GuGuLog」、「アプリソムリエ」運営ほか)

*記載されている会社名及び商品 名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。