logo

【69%OFF】Kindleストアにて電子書籍『太平洋戦争の秘密』を特別価格100円で販売開始!



株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:増山敬祐)は、AmazonのKindleストアにて電子書籍『太平洋戦争の秘密』(太平洋戦争研究会 著)を、2013年7月31日までの期間限定で、333円から100円にディスカウント【69%OFF】販売します。

■Kindleストア『太平洋戦争の秘密』
リンク

■書籍概要

太平洋戦争とは何のための、どんな戦争だったのか? そしてどのように始まり、どのように終わったのか? 意外と知っているようで知らない太平洋戦争の全貌が、図解と写真ともに一目瞭然でわかる。

■目次

第1章 日中戦争から太平洋戦争へ
 日本の中国進出の歴史
 太平洋戦争の前に日中戦争があった
 当時の日本はどういう国家だったのか
 当時の中国とはどういう国家だったのか
 日中戦争で日本は何をめざしたのか
 日中戦争は日本にとってどんな戦争だったか
 日中戦争と国家総動員法
 “中国から撤退せよ”という声はなかったのか
 第二次世界大戦の勃発と日中戦争
 日中戦争で米・英は中国を積極支援
 仏印(フランス領インドシナ)への進駐
 東条英機内閣の日米交渉とハル・ノート

第2章 真珠湾奇襲攻撃と東南アジアの占領
 空母機動部隊による真珠湾奇襲攻撃
 マレー沖海戦で英東洋艦隊主力が全滅
 マレー半島とシンガポールの占領
 フィリピンの占領
 蘭印(インドネシア)の占領
 ビルマ(ミャンマー)の占領
 ラバウルと東部ニューギニアの占領
 連合国を結成した米・英・ソ連・中国
 日本の戦争目的は「大東亜共栄圏の建設」
 占領地軍政による圧政と収奪

第3章 ミッドウェーとガダルカナル
 インド洋作戦
 MO作戦と珊瑚海海戦
 ミッドウェー作戦
 ミッドウェー海戦の敗北
 勝勢から敗勢へ
 ガダルカナル島への進出
 ガダルカナル島飛行場をめぐる日米攻防戦
 ソロモンの海戦
 南太平洋海戦、日本勝利で終わったが……
 東部ニューギニアの戦い
 ブナ周辺の戦い
 撤退と新しい戦場
 「い」号作戦と山本五十六連合艦隊司令長官の戦死
 太平洋戦争下の中国戦線の日本軍

第4章 玉砕の戦場と特攻の日常化
 初期玉砕の島々
 マリアナ沖海戦の完敗
 サイパンの戦いと日本軍民の玉砕
 ビルマ(ミャンマー)の戦場
 中国の戦場「大陸打通作戦」
 ビアク島とペリリュー島の玉砕
 台湾沖航空戦
 レイテ決戦
 レイテ海戦
 “カミカゼ”特攻始まる
 フィリピン防衛戦
 硫黄島の玉砕戦
 沖縄の戦い 沖縄本島の死闘
 沖縄特攻 戦艦「大和」も死出の旅

第5章 都市部は焼野原となり、ついに降伏
 三月一〇日の東京大空襲
 大阪、名古屋、神戸等々、大都市の壊滅
 無条件降伏を勧告したポツダム宣言
 原爆投下でジェノサイドの修羅場
 ソ連、満州国と千島に侵攻
 玉音放送と降伏文書への調印
 終 章 マッカーサーの支配と独立の回復
 ダグラス・マッカーサー元帥の矢継ぎ早の指令
 「天皇の人間宣言」神の座から自ら降りた天皇
 東京裁判
 日本国憲法の成立と独立の回復



<Amazon Kindleストア 学研パブリッシングの電子書籍>

『幕末維新剣客列伝』(清水昇 著)
リンク

『史伝 吉田松陰 「やむにやまれぬ大和魂」を貫いた29年の生涯』(一坂太郎 著)
リンク

『関ヶ原 島津退き口』(桐野作人 著)
リンク

『戦国の城』(小和田哲男 著)
リンク

『戦国の合戦』(小和田哲男 著)
リンク

『戦国の群像』(小和田哲男 著)
リンク

『信長・秀吉と家臣たち』(谷口克広 著)
リンク

『日本剣豪100人伝』(歴史群像編集部 編集)
リンク

『興国の楯 通商護衛機動艦隊』(林譲治 著)
リンク

『超太平洋戦争1 逆襲のレイテ』(田中光二 著)
リンク

↓一覧はこちら
リンク

※記載の価格・URLは、本リリース配信時のもので、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。



<学研電子ストア>

「学研電子ストア for iPhone/iPad」インストール(無料)
リンク

Webサイト「学研電子ストアWeb」
リンク

Facebookページ「学研電子ストア」
リンク

Twitter「ぶっくん(学研電子ストア)」
リンク



<お問い合わせ>
 株式会社学研パブリッシング デジタル事業推進室
 〒141-8510 東京都品川区西五反田 2-11-8
 Tel : 03-6431-1518
 E-Mail : densui@gakken.co.jp


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。