logo

「農業経営」を掴みたい。 その想いを実現させる場がここにある。 農業へのチャレンジ精神を抱いているあなた、 この映像に、その志に近づく第一歩への秘訣がある。

日本農業経営大学校 2013年06月18日 16時28分
From Digital PR Platform


一言に農業といっても、そのスタイルは様々。
しかしスタイルは違えども、野菜を売り収入を得るということはどの農業も同じです。
それではどのように収入を得て、経営していくのか。
カギとなるのが経営力、農業力、社会力、人間力の4つの力です。
「日本農業経営大学校」は、グローバル化時代に必要なこの4つの力にポイントを置いたカリキュラムを独自に作りました。

まずひとつめは「経営力」。経営には、知識に裏付けられた判断力と決断力が必要です。進むべき道を的確に見定めたら、農業にイノベーションを起こすこと。その力を付けるために講義では様々なケースメソッドを通じて、はっきりした答えの無い農業に、自らの答えを導き出していきます。

ふたつめは「農業力」。現代はエネルギー対策など、農業のあり方がさまざまです。そこで一歩先を見つめる、先進的な農業経営者の取組みや農業研究者の講義、さらに現場実習を通じて農業に対する力を育みます。

次に必要なのは「社会力」です。これからは農家の子だから農業を継ぐのではなく、地域に貢献したいという人を育てることが大切だと考え、社会・地域と関係する農業を目指します。そのためには食品・流通業界を知り、消費者ニーズを把握することが重要です。農業のノウハウだけでなく、社会に適応する能力も講義で身につけていきます。

 最後は「人間力」。自分の哲学を持つ、育てる力を持つ、経営するという使命感を持つ。この3つを持つことで経営するために必要なリーダーシップを向上させます。講義ではそれと同時に“人を活かす力”も学び、経営者としての意識も高めていきます。

この4つの力を身につけるため、「日本農業経営大学校」は、農業界だけでなく産業界、学界など200社を超える企業のオールジャパン体制で未来の農業経営者を全力で支えます。もともと農業に携わっている企業だけではなく、農業に携わっていない全国の企業が農業を必要とし、日本農業経営大学校をサポートしているのを知り入学を決意したという一期生も。また、チャレンジする志を支えるため、全寮制を採用。全国各地から志を共にする仲間と出会えます。


プロモーション映像はこちら
リンク


下記の日程で学校説明会を開催しております。
ぜひご参加下さい。

【学校説明会】
平成25年6月22日(土)  13:30~15:00

詳しくはこちら
リンク


【入学までの流れ】
第I期入試  平成25年7月13日(土)  ※申込期限 平成25年6月27日(木)
第I期合格発表 平成25年7月22日(月)
農業研修  3ヵ月~6ヵ月(必要な方のみ)
入学式        平成26年4月

※第II期入試(平成25年10月~11月)、第III期入試(平成26年2月)も予定しておりますが、農業経験のない非農家の方は、最大6ヶ月の農業研修が可能な7月入試をおすすめします。


本件に関するお問合わせ先
日本農業経営大学校
一般社団法人 アグリフューチャージャパン
100-0006 東京都千代田区有楽町 1丁目10 番1 号有楽町ビルヂング 10 階
TEL:03-3213-3253 FAX:03-3213-3251

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。