logo

検索広告の管理プラットフォーム「Marin」Facebook広告向けの機能を拡充

マリンソフトウェア株式会社 2013年06月17日 12時30分
From PR TIMES

~Facebook広告の効率的な運用と最適化を実現する新機能により、 SNS広告のパフォーマンス向上を支援~



広告主および広告代理店の利益向上につながる検索広告の管理プラットフォームを提供するマリンソフトウェア(MRIN)(米国、サンフランシスコ州)は、この度、広告主がFacebookを活用する際の収益成果を大幅に改善する機能の拡充を発表しました。広告主は、Facebook閲覧者のターゲティング、Facebook広告におけるパフォーマンスの測定および最適化にマリンソフトウェアの管理プラットフォーム「Marin」を活用することにより、これまで以上に作業が効率的になり、経済的パフォーマンスが改善されます。

Facebookは広告のタイプやサイズ、使えるクリエイティブの組み合わせが複雑で活用手法が確立されていないため、デジタル広告に精通している広告主であっても、その利用方法に頭を悩ませています。こうした中、運用ワークフローの分析機能、最適化機能が一体化したプラットフォームのMarinを利用することにより、Facebookの広告主は広告キャンペーンを効率的に作成することができると共に、消費者の反応が良い広告を察知してROI(投資収益率)を最適化することができます。Marin上で表示される検索広告やディスプレイ広告、モバイル広告、SNS広告などの統一画面とFacebookキャンペーンの成果を比較・対比することにより、広告主はオンラインキャンペーンの更なる収益改善に繋がる情報を得ることができます。

今回、マリンソフトウェアのFacebook広告のパフォーマンス向上を目的に開発した運用機能の拡充は以下の通りです。

● Facebookキャンペーンウィザード
対象デバイスがモバイルかパソコンかに関係なく、パラメーターを入力するだけでキャンペーンのターゲット閲覧者に適したバラエティに富んだ大量の広告を短時間で作成し、広告が無視されること(アドブラインドネス)を防ぎます。
● Facebook広告ローテーションによる最適化およびレポート
キャンペーンレベルで広告ユニットを組みローテーションを可能にする新機能です。特定、または複数の広告タイプでローテーションに適用することができ、キャンペーン内で効果の高い広告を自動で選択しローテーションに組み込むことができます。
● Facebook向け入札の強化
入札アルゴリズムを駆使し、消費者の認知、興味、検討、そして購入までに至るプロセス(購入ファネル)のどの部分に目標が設定されても最大の投資対効果が得られるよう自動調整し、コストの削減とパフォーマンスの向上を両立させます。
● Facebook広告関連の成果をMarinの統一画面に表示
成果をMarinの統一画面に表示させることで、広告主はFacebook広告の全容を把握できます。アトリビューションを追跡し、売上などの経済指標やソーシャル指標をわかりやすく表示します。

マリンソフトウェアの最高経営責任者(CEO)のクリス・リエン(Chris Lien)は次のように述べています。「Facebookはインターネットでもっとも利用されているサービスのひとつであり、消費者を呼び込んでエンゲージメントに結び付けたい広告主にとっては無限の可能性を秘めたサイトです。Facebook広告で最大のパフォーマンスを得るには、広告のタイプとコンテンツ、入札額、閲覧者を正しくマッチングさせる必要があります。マリンソフトウェアのプラットフォームは、円滑なワークフローと分析機能、最適化機能が一体となった統合ソリューションで、あらゆる広告主に適しています」。
以上

■ 参考資料: 
Facebookに広告を出稿する場合の詳しい戦略やヒントについては、マリンソフトウェアのウェブサイトからホワイトペーパー「Facebook広告を成功させるためのベストプラクティスガイド」(URL:リンク )をダウンロードしてください。


■ 将来の見通しに関する記述
本プレスリリースには、広告運用に関する新機能のマリンソフトウェアのプラットフォームへの導入とその効果をはじめとする「将来見通しに関する記述」が含まれます。将来見通しに関する記述は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)のセーフハーバー規定に該当する情報です。しかし、いくつかのリスク要因によって実際にはこれらの将来見通しに関する記述とは大きく異なる結果が生じる可能性があります。将来の見通しに影響を与えうるリスク要因には、次のような事柄が含まれます。(i)新機能の導入に関する遅れや問題など、(ii)新機能が提供する性能の見込みに悪影響を与える可能性がある未知の問題、(iii)マリンソフトウェアが導入する新機能に悪影響を及ぼす可能性があるようなFacebookプラットフォームまたは広告フォーマットに対する変更、(iv)オンライン広告費およびモバイル広告費の成長の遅れ、鈍化または減速、(v)価格圧力を含む競合要因、競合他社および競合製品の新規参入、(vi)弊社とパブリッシャー各社および広告代理店各社との関係および連携の悪化、(vii)弊社のプラットフォームに対する機能強化の開発能力および知的財産の保護能力。これらの将来予測に関する記述は現在の見込みに基づくものであり、不確実性および各種の条件、重要性、価値、効果の変化による影響を受ける恐れがあるほか、弊社が米国証券取引委員会に届け出ているS-1登録届出書を含む文書に記載の各種リスクによる影響を受ける恐れがあります。そのため、実際の結果が見込みと異なるものとなる可能性があります。マリンソフトウェアは本リリースの発表日以降にこれらの将来予測に関する記述を更新する意図はなく、その義務を負うものではありません。

■ マリンソフトウェアについて
マリンソフトウェアは、広告主や広告代理店の利益向上につながる検索広告の管理プラットフォームを提供しており年間40億ドルを超えるオンライン広告を運用しています。検索、ソーシャル、ディスプレイ、携帯電話の広告の統合プラットフォームを通じて、広告主や広告代理店の広告費を改善し、広告を管理する時間の節約、そして効果的な広告運用に貢献しています。サンフランシスコを本拠地として世界中に支社を展開し、160を超える国のマーケティング施策を支援しています。詳細はこちらまで: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。