logo

ジヤトコ、グローバルソフトウェア開発に向け PTC Integrity を選定

PTC ソリューションにより、データとプロセスの一元管理と海外開発拠点間との連携を推進

PTC (本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼 CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人である PTC ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:桑原 宏昭)は、本日、日産自動車の子会社で、オートマチックトランスミッション(ステップ AT、CVT)のグローバルサプライヤであるジヤトコ株式会社(本社:静岡県富士市、社長:秦 孝之、以下 ジヤトコ)が、トランスミッション制御システムにおけるソフトウェア開発の全社プラットフォームとして、PTC グローバルソフトウェア開発ソリューションを選定したことを発表しました。

今日、ジヤトコを含む製造企業の大多数は、製品に集約されるソフトウェアの拡大により増大した複雑性に伴う、多くの課題に直面しています。ソフトウェアはジヤトコのトランスミッション制御システムの重要な構成要素であり、イノベーションの推進、製品の機能向上と、より効率的な製品バリエーションを可能にしています。

ジヤトコでの、グローバルでの制御ソフト開発を難しくしていたのは、日本をはじめ、アジア、北米などの、各開発拠点が連携する密接な協調業務に適した、データ管理、情報共有のしくみが確立できていなかったことです。要件、モデル、テストデータなど、必要な開発データの入手に時間が掛かり、レスポンスが遅れたり、全体の生産性に悪影響を及ぼしていました。さらに、バリエーションや変更履歴が一元管理されていないことなどにより、製品ライン全体で非効率さや手戻りが発生していました。

ジヤトコでは、開発プロセスの効率化や開発資産の効率的な利用を推進するため、開発部門や拠点全体ですべての業務と資産を管理する単一ソリューションを導入する必要性をいち早く認識し、すべてのデータを一元管理してデータ間の連携維持、成果物管理の標準化、および変更管理プロセスの強化を実現するため、PTC Integrity® に基づく PTC グローバルソフトウェア開発ソリューションを選定しました。

ジヤトコ 情報システム部 部長の神戸 政一郎氏は「開発の協調業務を推進するというビジョンを実現するためには、開発データと業務プロセスのすべてを一元管理するシステムが必要でした。PTC のソリューションを導入することで開発ライフサイクル全体の可視化が可能となり、制御システム開発データ管理の向上、データセキュリティリスクの極小化、業務プロセスの効率化、および分散するチームの生産性向上を実現することができます」と述べています。

PTC グローバルソフトウェア開発ソリューションは、主要な業務プロセスを最適化し、要件、モデル、コード、テスト情報等のソフトウェア開発におけるすべての成果物を関連付けることで、ライフサイクル全体のトレーサビリティを確保します。製品開発の完全な可視化を実現することにより、チームの生産性の向上とリアルタイムの部門間連携、さらには重複作業や手戻りの削減が可能になり、最終的には開発コストの低減に繋がります。PTC Integrity は、フォレスターリサーチ社が最近発行した報告書 「The Forrester WaveTM: Application Life-Cycle Management, Q4 2012」 において、優れたアプリケーションライフサイクル管理 (ALM) ソリューションとして評価されています。

PTC ALM セグメント ディビジョナルゼネラルマネージャーのジェイク・シンプソン (Jake Simpson) は「ソフトウェア集約型製品を開発するメーカーは、革新性と柔軟性を高度に実現させた、低コストかつ高品質な製品を短期間で提供しなければならないというさらなる課題に直面しています。このような課題に対応するため、PTC グローバルソフトウェア開発ソリューションが選定されたことは非常に喜ばしいことであり、ジヤトコ社の顧客に大きな価値の提供を推進する開発プロセスの改善に向け、ジヤトコ社をご支援できることを嬉しく思います」と述べています。


<関連資料>
- 画像とキャプション
リンク
- PTC の ALM ソリューションについて
リンク
- PTC Integrity について(ホワイトペーパー、データシート、製品資料など)
リンク
- PTC の自動車業界向けソリューションについて
リンク
- PTC の自動車業界向けコンプライアンス対応ソフトウェアソリューションについて
リンク
- Driving Automotive Innovation with Software (ビデオ)
リンク


【ジヤトコ株式会社について】
ジヤトコは、数少ないトランスミッション専業メーカーであり、CVT の世界シェアは
49% (2012 年) で世界 No.1。2011 年度の生産台数は 493 万台、年間売上高は 6,025 億円。2018 年度までの目標として売上高 1 兆円達成を掲げ、メキシコと中国での生産を拡大しているほか、2013 年中盤にはタイの CVT 生産工場が稼働開始予定です。
Web サイト: リンク

【PTCについて】
PTC (本社:マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC) は、製造業における継続的な製品とサービスの優位性 (Product and Service Advantage) の実現を可能にします。PTC のテクノロジーソリューションは、構想、設計から調達、サービスまで、製品ライフサイクル全体にわたり、お客様の製品の開発とサービスの変革を促進します。1985 年に設立された PTC は、世界各国に 6,000 名以上の従業員を有し、グローバル規模で分散化し急速に変化する製造業界に携わる 27,000 社を超える顧客企業を支援しています。

【PTCジャパンについて】
米 PTC の日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン マネジメント (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) の各テクノロジーソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。全社に渡り製品イノベーションへの貢献を可能にする新しい設計ソフトウェアファミリーの PTC Creo、製品データ管理/製品開発コラボレーション/製品分析・品質ライフサイクル管理の PTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理の PTC Integrity、ダイナミック・パブリッシング・システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールドサービス管理/サービス物流管理の PTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad といった革新的なソフトウェア製品、および製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992 年 3 月設立。国内 4 事業拠点。Web サイト:リンク


PTC の Twitter、Linked In、および YouTube は、以下の URL よりフォロー、ご視聴いただけます。
Twitter:リンクリンク
YouTube:リンク
Linked In:リンク
Facebook:リンク
PTC のソーシャル メディア ディレクトリ:リンク

* PTCの社名、ロゴマークおよびWindchill、Creo、Integrity、Arbortext、Servigistics、MathcadなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。