logo

Fieldworks社レポート―グローバル展開の成功には卓越したサプライチェーンが不可欠と分析

より大きな成長機会を求めて海外に事業展開する英国の小売/ブランド各社の課題を調査

B2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーであるGXSは本日、GXSが協賛した小売業のグローバル展開における課題に関するFieldworks Connections社の新しいレポートが公開されたと発表しました。「A rush and a push and the land is ours」と題されたこのレポートでは、小売業が課題を克服し、コスト効率を活かすうえでグローバルサプライチェーンが役立つことを明らかにしています。

このレポートは、英国の小売およびブランド各社を対象とした、グローバル展開計画に関する一連のインタビューに基づいて作成されました。調査結果によると、こうした企業の多くが、すでにグローバル展開戦略を有していることがわかりました。

TM Lewin社の国際担当ディレクターであるマーク・ダンヒル(Mark Dunhill)氏はインタビューで次のように発言しています。「グローバル展開成功への鍵は、積極的で決断力があり、当社の製品やビジネスも理解している質の高い現地パートナーと提携することです。グローバル展開を検討している企業にとって最大の課題は、現地企業と適切なパートナー関係を築くことです。適切なパートナーを選定するプロセスは難しいかもしれませんが、現地企業側から当社に直接ご連絡いただくことで、大幅な短縮を実現することが可能となるでしょう。」

このレポートによると、英国の小売およびブランド企業各社は、複数の市場における多様なビジネスニーズにすばやく対処でき、変化し続ける各国の需要に耐えうる強固なグローバルサプライチェーンを構築するうえで、重大な構造的課題に直面しています。また、統合的サプライチェーンによってすべてのトランザクションを共通言語で行い、柔軟性と即応力を高めることが、タイムゾーンや法的管轄の異なる多くの取引地域を対象にグローバル規模で機能する安定した供給環境を構築するためには不可欠であると分析しています。さらに、小売企業が海外展開を進めサプライヤ基盤が拡大するのに伴い、多様化するシステム、言語、文化、社会通念をうまく調和させる必要があることも示しています。

GXSのグローバルマーケティング担当ディレクター、デニス・オークリー(Denise Oakley)は次のように述べています。「グローバル展開を行う際、多くの企業は製造工場、流通センター、および小売店舗には妥当な投資をして現地市場に対応します。一方で、多くの企業が、IT人材を雇用してサプライチェーンパートナーの現地における電子商取引の標準要件をサポートする必要性を過小評価しており、小売企業の成長計画が遅延することがあるようです。今日、電子商取引が行われなければ、ビジネスそのものが成り立たないと言えるでしょう。」

■将来予想に関する記述
このプレスリリースには「将来予想に関する記述」が含まれています。本プレスリリースにおける記述のうち、過去の事実に関するもの以外の、当社が将来に発生すると予想する活動、事象、開発に関するすべての記述は、かかる将来予想に関する記述に該当します。これらの将来予想に関する記述は、リスク、不確実性、仮定(米国証券委員会に提出された当社の年次報告書、四半期報告書等に規定)による影響を受けるおそれがあります。したがって、将来予想に関する記述に明示的または黙示的に示される当社の業績または成果に関して、実際の結果が大幅に異なる場合があります。これらの記述に全面的に依拠しないでください。当社は発生した事象または状況を反映して将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を負いません。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社 
マーケティング 石黒 佐知子   
TEL: 03-5574-7545 Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。