logo

《クリンスイ F425》6月より新発売 節湯30%・節水30%を実現したスパウトインタイプのビルトイン型浄水器

三菱レイヨン・クリンスイ株式会社 2013年06月05日 11時10分
From Digital PR Platform


 三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁)のグループ会社である、浄水器、医療用水処理装置の販売を行う三菱レイヨン・クリンスイ株式会社(本社:東京都中央区、社長:島田勝彦 以下、当社)では、旺盛な住宅建設の中で求められる“エコ仕様のビルトイン浄水器”を供給すべく、大幅な節湯・節水を実現するeレバーを搭載した水栓一体型(スパウトインタイプ)のビルトイン浄水器《クリンスイ※3 F425》を、2013年6月より全国で新発売します。

 東日本大震災以降、改めてエネルギーや地球温暖化問題に対応する「都市の低炭素化の促進に関する法律(通称:エコまち法)」が2012年12月4日に施行されたことを受け着手した、二酸化炭素の抑制機能を持つビルトイン型浄水器がこの新製品となります。温冷混合の水栓一体型では、大半のレバー操作によって都度ガス給湯器が作動し、無用な二酸化炭素を発生させるという問題をはらんでいました。そこで当社では、ビルトイン型浄水器のエントリーモデルとして反響をいただいているスパウトインタイプに法適応に必須な節湯水栓を適えるeレバーを搭載した製品を開発し、住宅関連のディベロッパーに向けて販売してまいります。なお、この製品により、レバーの行き過ぎで発生する無駄なお湯※1・水※2をそれぞれ30%削減可能となります。

 新発売となる《クリンスイ F425》は、従来のスパウトインタイプのビルトイン型浄水器※4と同じく、赤サビや雑菌まで除去可能な「中空糸膜フィルター」標準装備の高性能フィルターを搭載しており、同種製品の中でも4ヶ月※5使用できる長寿命カートリッジなどはそのままに、無駄なお湯や給湯器の作動をなくす節湯機能と節水機能を強化した製品です。レバーは左右に動かし水からお湯に切り替わる位置と、水量を調節する上下の動きの際に適量の位置でクリック感があるため無駄な動きを軽減し、30%の節湯と30%の節水を可能にしました。

 当社では、年々水や環境に対する意識が高まる中、エコ機能が搭載されている浄水器への問い合わせが増加傾向にあることや、住宅市場におけるエコ住宅への需要も求められてきていることから、《クリンスイ》ならではの高性能はそのままに、環境にも優しく経済的な製品として、ビルトイン型の中でも手軽に導入できる水栓一体型浄水器での攻勢をかけることを決定しました。水まわりの強化で差別化を図るマンションディベロッパーや、省エネルギー・経済性を強みとして売り出すハウジングメーカー等の販路を通じて、環境への意識が高い、新築やリフォームを検討している層に訴求します。

※1 (社)日本バルブ工業会節湯水栓の定義と節湯種類および節湯効果に基づく。
※2 当社調べ。(0.2MPa時、レバー全開時と適量位置での比較。)
※3「Cleansui」及び「クリンスイ」は、三菱レイヨン株式会社の登録商標です。
※4 当社従来品クリンスイF404
※5 12.5リットル/日使用時(総ろ過流量1500リットル)

・《クリンスイ F425》製品特長

(1)水の無駄遣いを自然にカットできる「eレバー」を搭載。
   水からお湯への切り替わるところでクリック感があるレバーなので、無駄なお湯や給湯器の作動をなくし、30%節湯が可能。
また、水量を調節する際にも適量の位置でクリック感があるため、適量までの無駄な動きを軽減し30%の節水が可能。
(2)クリンスイ独自の中空糸膜フィルターを標準搭載し、家庭用品品質表示法除去対象5物質の高度除去が可能
(3)毎日12.5リットル使用しても4か月使用できる、スパウトインタイプでもカートリッジ長寿命を実現。
(総ろ過流量1500リットル)
(4)吐水パイプに回転規制を付与し、シンクからのはみ出しと水漏れ防止
(5)フロントレバーの採用により、シャワー・原水・浄水を簡単選択
(6)スムーズに引き出せるハンドシャワー
(7)カートリッジ交換時期を設定できるカレンダー機能つき

・《クリンスイ F425》製品概要
1.希望小売価格
<本体セット> F425、SFC0002:61,950円(税込み・工事費別)
<交換用カートリッジ> SFC0002T  (3個入):10,815円(税込み)
※交換時期の目安は4ヶ月(1日12.5リットル使用の場合)

2.販売展開
<発売予定時期> 2013年6月より
<販売ルート> 大手ゼネコン、ディベロッパー、システムキッチンメーカー、ハウジングメーカー、リフォームメーカーなど
<販売計画> 初年度5万台

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事