logo

◎北京、上海で72時間ビザなし滞在旅行 エアチャイナと国内旅行会社が提携

中国国際航空(エアチャイナ) 2013年06月03日 11時35分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎北京、上海で72時間ビザなし滞在旅行 エアチャイナと国内旅行会社が提携

AsiaNet 53233
共同JBN 0644 (2013.6.3)

【北京2013年5月31日PRN=共同JBN】中国国際航空(エアチャイナ)はこのほど、中国国内の旅行会社数社と提携して、北京と上海で「72時間ビザなし滞在」旅行商品を売り出した。この商品は、この2都市で乗り継ぎ乗客に市内の一番魅力的な観光地ツアーのチャンスを提供し、中国の魅力的な文化を味わってもらうのが目的である。

(Logo: リンク

北京と上海の72時間ビザなし滞在方針は2013年1月1日にスタートし、対象は第3国・地域へのビザと航空券を所持している45カ国の市民である。この方針に基づいて、エアチャイナと国内の当該旅行会社は協力して、乗り継ぎ客の都合に合わせた革新的な1日から3日間の観光地巡りを発売した。

中国の首都北京は、中国の歴史・文化の最先端である。紫禁城へ足を進め、万里の長城でトレッキングし、頤和園を散策。三里屯のバーが並ぶ街路で楽しいひとときを過ごし、ラム肉のホットスポットを尋ね、北京ダックを味わう。古い町並みの胡同(フートン)を歩くのもよいだろう。北京には東洋文化の愛好者にたくさん提供できるものがあるが、もちろん、上海にも観光客をわくわくさせるものがたくさんそろっている。朝食の後、静寂の中の豫園(よえん)散策、午後は上海城隍廟(じょうこうびょう)の市場や旧市街でさまざまな料理を見つける。夕食前には現代的上海の象徴のひとつである南京路へと向かう。夕食後は、東方明珠電視塔やバンドの歴史的建造物を間近に眺める。

北京国際空港のテナントでスターアライアンスのメンバーである世界最大の空路ネットワークを持つエアチャイナは北京空港をハブ、上海空港を世界へのゲートウエーとして、世界194カ国の1329カ所の目的地に乗客を運ぶ広大な世界的ネットワークを誇っている。エアチャイナは、北京でビザなし滞在可能な乗客や乗り継ぎ客に対して、世界の他の場所へシームレスに接続できる幅広いフライトを提供している。

ビザなし滞在旅行に関心ある人はリンクで最寄りのエアチャイナ発券オフィスを調べてほしい。

ソース:Air China

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。