logo

◎皮下脂肪処置のCelluSmoothを発表 美容医療機器のサイトン

サイトン 2013年05月30日 15時10分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎皮下脂肪処置のCelluSmoothを発表 美容医療機器のサイトン

AsiaNet 53214
共同JBN 0634 (2013.5.30)

【パロアルト(米カリフォルニア州)2013年5月30日PRN=共同JBN】美容医療市場向けの多用途特注モジュール方式の医療用レーザーと光線システムの大手メーカーであるサイトン(Sciton)は30日、特許を持つM3技術に基づく革新的なレーザー・モジュール装置CelluSmooth(登録商標)を発表した。CelluSmoothは線維質を切除し、脂肪を乳化して、真皮を引き締める最小限の侵襲的治療によって皮下脂肪の状態を改善する(注)。

CelluSmoothによる処置は、同社が特許を持つM3技術を活用した迅速、効率的かつ安全な治療法。M3技術は3種類のモードで1319ナノメートルの波長のレーザーを照射する。CelluSmoothのM3技術によって医師は、太ももや臀部(でんぶ)などの皮下脂肪をごく短時間で処置できる。ケンタッキー州ルイビルにSalzman Institute of Cosmetic Surgery(サルズマン美容外科研究所)を設立し、幅広く評価されている形成外科医のマーク・J・サルズマン博士は「CelluSmooth処置は、市場で行われているほかの低侵襲的治療と同等かそれ以上の永続的治療成果をもたらし、しかも時間は半分か、3分の1で済む。この処置は大腿(だいたい)部や臀部などの体の気になる部位を、患者には最低限の外科的措置と心理的負担で、なめらかな見栄えにする。この処置法は患者の満足度が非常に高い」と述べた。

サイトン社長のダン・ニーガス博士は「著名な形成外科医と美容外科医で構成した専門家会議と連携して開発したCelluSmoothは、サイトンのレーザー技術への長い取り組みでは最新の技術革新であり、美しい体のラインを作る上で画期的なことである。わが社のクライアントやその患者のために、技術的に不必要な消耗品を使わずに臨床的に安全で効果的な機器を開発し、改良を続けるわが社の長い努力で、新しい一歩を記すことになった」と語った。

多くの症状を処置する多用途モジュールであるJOULE(ジュール)プラットフォーム上で、CelluSmoothは利用できる。そのことは、サイトンの「消耗品なし」の方針と合わせて、医師は投資から最大限のリターンを見込めることになる。

CelluSmoothの詳しい情報はリンクを参照。

(注)細胞切除と細胞凝固によって

このリリースは米国外での配布に限定する。

▽サイトンについて
優れた耐久性と性能、価値を求める医療専門家に対して、サイトンは最高クラスのレーザー・光源ソリューションの提供を心掛けている。高性能の医療機器の用途としてはレーザーによる脂肪分解、局部および広範囲の皮膚の再生、表皮と深部の皮膚の切除、脱毛、光源療法、しわの取り除き、血管および色素の病変や静脈瘤(りゅう)、にきびの治療など。サイトンの詳しい情報とシステムの完全リストについてはリンク

▽問い合わせ先
Shelly Carmon at +1-650-493-9155 or shelly.carmon@sciton.com

ソース:Sciton

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事