logo

「就活は順調?」~就活が順調と回答したのは全体の38.8%~

株式会社リクルートキャリア 2013年05月23日 10時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』(リンク)は、就活中の学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。今回は「就活は順調?」をテーマに調査を実施いたしました。

▼「就活は順調?」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■「大学院生」及び「理系学生」に就活が順調な傾向。
就活が順調な(あるいは順調ではない)理由も公開
――――――――――――――――――――

就活を経験した大学4年生と大学院2年生549人(うち男子学生262人、女子学生287人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2013年4月19日~21日)。12月にスタートした就活も、そろそろ半年を迎えようとしています。そこで今回は、就活が順調(だった)かどうかを、就活生たちに尋ねてみました。
 
まず、就活中あるいは就活を終えた大学4年生・大学院2年生に、就活が順調(だった)かどうかを尋ねたところ、「はい」と回答した人は全体の38.8%で、半数以上が順調に進んでいないという結果となりました。属性別に見ると、学部生よりも大学院生、文系学生よりも理系学生の方が、就活が順調に進んでいる傾向が見られました。

そこで、就活が順調な理由について具体的に尋ねたところ、「就活スタート時に、エントリーを多めにしておいたことに加えて、その後も興味を持ったらすぐエントリーをするようにしていたためか、うまくいっていると思う」「早い時期から、大手企業だけでなく、中小企業にも目を向けていたのが良かったと思う」「知人やインターネットを通じて情報を集め、自分の価値観に合う企業を見つけて受けるようにしていたため、自分も企業側もギャップを感じることなく、面接も実に和やかでスムーズに受けることができた」などの声が寄せられ、幅広いエントリーや丁寧な企業研究によって、就活をスムーズに進められたという意見が目立ちました。

一方で、就活が順調に進まない理由についても具体的に尋ねたところ「業界や企業を絞りすぎ、視野を広げた際に、ほかの企業のエントリーが間に合わなかった。当初志望していた金融業界に至っては、なんと全滅!」「大学の卒業に必要な単位を取り終えていないので、講義と並行して就活をしなければならないのが大変。3年生のうちにもっと単位を取っておけばよかった」などの声が寄せられ、エントリー先の絞り込みや、就活に集中できない事情によって、苦労している就活生たちの姿が浮かび上がる結果となりました。



▼「就活は順調?」記事はこちらから
リンク

▼1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事