logo

「BIG MAC AWARD ART CONTEST」グランプリ決定!グランプリ作品がトレイマットや商品パッケージなどに順次登場 5/24(金)から期間限定、全国約3,300店舗のマクドナルドで実施

日本マクドナルド株式会社 2013年05月22日 11時10分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長兼CEO:原田 泳幸)は、2013年1月より実施している「BIG MAC AWARD ART CONTEST」のグランプリ作品が決定したことをお知らせいたします。

「BIG MAC AWARD ART CONTEST」は、人気定番メニュー「ビッグマック」をテーマにした、若手クリエイターの夢を応援するクリエイティブコンテストです。2013年1月よりマクドナルドの特設Webサイト(URL:リンク)にて作品の募集を行い、約1,400点ものご応募をいただきました。1次審査、一般ウェブ投票(投票数:約9万票)の2次審査を経て、著名なアートディレクターなど5組の審査員による最終審査において、グランプリ作品が選出されました。

今回、「BIG MAC AWARD ART CONTEST」のグランプリには、池口友理さん(27歳)の作品「ビッグマック店舗」が選ばれました。受賞の理由として、「一見、誰でも描けそうだけど、なかなか描けない味のある絵。迷いのない線やさりげなく色のにじみを用いていたり、細かいところにセンスが光る。『ビッグマック』の存在感を失わないままの、軽妙洒脱な表現にうならされた(美術手帖編集長 岩渕貞哉氏)」など、「ビッグマック」のおいしさや、マクドナルドの楽しさを独自の作風で表現した点が、高く評価されました。

マクドナルドでは、このグランプリ作品を、全国約3,300店舗において、5月24日(金)からトレイマットに、5月27日(月)からは「ビッグマック」のパッケージと手提げバッグに期間限定で採用します。今回のアワードのテーマとなる「ビッグマック」の7つの素材(ビーフパティ、ゴマ付き3段バンズ、チーズ、レタス、オニオン、ピクルス、ビッグマックソース)が生み出す唯一無二のおいしさに刺激された、クリエイティビティ溢れる作品を、是非、皆様のお近くの店舗でお楽しみ頂ければと存じます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。