logo

GXSがGS1 UK認定を取得

GXSがGS1標準導入で顧客向けにグローバルビジネスを簡素化

英国コベントリ発-B2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーであるGXSは本日、eCom(EDI)およびGDSソリューションプロバイダとしてGS1 UKの認定を取得したことを発表しました。GS1 UK認定は、4つの標準のいずれかについて実施され、認定対象組織のGS1に関する知識と理解が検証されます。

GXSのヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当バイスプレジデントであるジョン・キーティング(Jon Keating)は次のように述べています。「多くの企業がB2Bプロバイダ選定プロセスの一環として認定を要求するようになっているため、GS1 UK認定はその重要性を増しています。このたびの認定により、GS1標準を導入しているGXS製品が正式に認められたことになり、GXSを選ばれるお客様により大きな信頼をお届けできることを大変嬉しく思います。」

GS1標準は、グローバルな取引を簡素化できるように設計されています。サプライチェーン内のどの時点においても、製品、企業、場所、サービス、資産、物流単位、顧客に一意の識別番号セットを使用することで、取引先は常に互いを把握できます。企業は、GS1標準によるコスト削減、時間短縮、およびエラー防止で、ビジネス効率を高めることができます。

GS1 UKは、物品の検索、輸送、および取引に関して全員が共通言語でやり取りできるようにすることで、英国の企業の効率向上に取り組む、独立した非営利団体です。
GS1 UKでは、一意の番号を使用してグローバルな利用を前提とした標準を設定し、製品や資産を確実に識別できるようにします。GS1には、150か国の108の複数分野および業種で活動する企業・組織が会員として参加しています。

■将来予想に関する記述
このプレスリリースには「将来予想に関する記述」が含まれています。本プレスリリースにおける記述のうち、過去の事実に関するもの以外の、当社が将来に発生すると予想する活動、事象、開発に関するすべての記述は、かかる将来予想に関する記述に該当します。これらの将来予想に関する記述は、リスク、不確実性、仮定(米国証券委員会に提出された当社の年次報告書、四半期報告書等に規定)による影響を受けるおそれがあります。したがって、将来予想に関する記述に明示的または黙示的に示される当社の業績または成果に関して、実際の結果が大幅に異なる場合があります。これらの記述に全面的に依拠しないでください。当社は発生した事象または状況を反映して将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を負いません。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社 
マーケティング 石黒 佐知子   
TEL: 03-5574-7545 Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事