logo

◎新型TMR磁気スイッチセンサーを展示へ マルチ・ディメンジョン・テクノロジー

マルチ・ディメンジョン・テクノロジー 2013年05月14日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎新型TMR磁気スイッチセンサーを展示へ マルチ・ディメンジョン・テクノロジー

AsiaNet 52907
共同JBN 0513 (2013.5.14)

【ニュルンベルク(ドイツ)、張家港市(中国江蘇省)2013年5月14日PRN=共同JBN】マルチ・ディメンジョン・テクノロジー(リンク、MDT)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催される国際貿易見本市のSENSOR+TEST 2013(リンク)で、新型のトンネル磁気抵抗効果TMR磁気スイッチセンサー(リンク)を紹介する。このスイッチセンサーは、超低電力消費、高周波対応、卓越した温度安定性などの傑出した性能を備えたセンサーである。これらは水流量計、熱流量計、気体流量計を含むバッテリー駆動スマート流量計向けである。MDTはトンネル磁気抵抗センサー(TMRセンサー)の大手サプライヤー。

(Logo:  リンク

MDTの既存のTMRセンサー・ポートフォリオに新しく加わるのは、MMS2X1H オムニスイッチとMMS1X1Hバイポーラスイッチで、スマートフロースイッチとプロクシミティスイッチを含むバッテリー駆動の磁気センサーアプリケーション用である。この2つは連続運転で1.5マイクロアンペアの超低電力消費性能を備え、高速測定とバッテリー寿命の延長を同時に可能にしている。 電力消費を抑えるために動力サイクルかスリープモードを行わなければならない他の磁気スイッチと異なり、MDTのTMR磁気スイッチセンサーは高速連続運転中、極めて少ない電力しか消費しない。

マルチ・ディメンジョン・テクノロジー会長兼最高経営責任(CEO)のソン・ジュウ博士は以下のように指摘している。「MDTの新型TMR磁気スイッチセンサーは、臨界動力と高性能の2つが要求されるアプリケーションで価値を発揮する。これらのセンサーは、ユニークなクリティカル性能の集合体として提供される初めての磁気センサーである。当社の、超低電力と高性能運転機能を兼ね備えたTMR磁気スイッチセンサーの恩恵は、前例のないものである。これは異方性磁気抵抗(AMR)、巨大磁気抵抗(GMR)、ホール効果など既存の磁気センサー技術では不可能である。これらのスイッチは、当社の顧客が必要としている単一でコンパクトなセンサーICに対応する統合ソリューションとして提供することにより、スマート流量計や他のハイエンドアプリケーションに付加価値をもたらす」

TMR技術は磁気ディクスドライブ産業で幅広く使用されてきた。この技術は過去10年、高性能、電力効率、費用効果、信頼性のある技術であることを証明してきた。MDTは、商業磁気センサー市場にTMRスイッチセンサー、TMRリニアセンサー、TMRアングルセンサー、TMR歯車センサーを含む複数の製品シリーズを投入することでTMR技術の優位性を紹介してきた最初の製造メーカーである。

主要性能
 *電圧3ボルト以下で1.5マイクロアンペアの超低電力
 *1キロヘルツ対応の高速測定
 *信頼性ある測定の連続運転
 *大きなエアギャップ、小さな磁気を許容する敏感なスイッチポイント
 *セ氏マイナス40度から125度までの優れた温度安定性
 *外部磁場干渉からの良好な耐性
 *コンパクトなSOT-23もしくはTO-92パッケージ

▽MDTについて
マルチ・ディメンジョン・テクノロジー(MDT)は2010年、中国江蘇省張家港市に設立され、支社は上海、米カリフォルニア州サンノゼにある。MDTは、独自の知的財産ポートフォリオと最も要件の厳しい需要を満足させる高性能、低コストのTMRセンサーの量産をサポート可能な最先端製造能力を保有している。MDTは磁気センサー技術とエンジニアリング・サービスにおけるエリート専門家と熟練した人たちから成る中核管理チームに率いられ、同社顧客のために付加価値を創造し、その成功を確実にすることをコミットしている。

MDTに関する詳細はリンクを参照。

▽報道関係問い合わせ先
Jinfeng Liu
jinfeng.liu@multidimensiontech.com
Tel: +1-650-275-2318 (US)
+86-189-3612-1156 (China)

ソース:MultiDimension Technology Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。