logo

NSW、HEMSソリューション「ENESMA Home」提供開始すべての家電がつながる高付加価値ソリューション


ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、家電製品を遠隔制御しエネルギーの効率化を図るHEMS(※1)ソリューション「ENESMA Home(エネスマホーム)」を6月より提供開始します。これにより、家電メーカーに関係なくECHONET Lite(エコーネットライト※2)に対応している家庭内のあらゆる機器を接続することが可能となり、付加価値の高いスマートハウスソリューションを実現します。

東日本大震災以降、再生可能エネルギーの活用、省エネを実現するスマートハウスへの関心が高まっています。しかし、現状のスマートハウスでは異なる家電メーカーの機器同士で接続できない場合もあり、相互接続における課題があります。
 
このたび提供を開始する「ENESMA Home」は、当社製タブレット型「スマートコントローラ」を利用することで、ECHONET Liteに対応するあらゆる家電メーカーの機器をつなぎます。これにより、機器のモニタリングおよびコントロールが可能となり、リアルタイムにエネルギーの流れを把握し、効率的な省エネをサポートします。なお、スマートフォンやタブレット端末にHEMSアプリケーションをインストールし、スマートリモコンとして利用することもできます。さらに今後は、当社のクラウドサービス「BlueSpider」と連携し、外出先から自宅の家電を操作することも可能になります。

当社は、昨年より工場向けエネルギー管理システム「ENESMA(※3)」の提供を始め、大規模工場へ導入するなど実績を有しています。今回の「ENESMA Home」サービス開始にあたり、住宅メーカーなど各方面へスマートソリューションを提供しエネルギーの効率化をサポートします。将来的には、家庭用医療機器や健康サポート機器、ホームシアターやデジタルオーディオ機器との連携、さらにはクラウドソリューションと連携したお子様・お年寄りの位置情報把握など、サービスの拡充を目指しております。

■「ENESMA Home」(リンク)の特長
 (1)独自のアプリケーションにより開発した当社製「スマートコントローラ」を利用し、ECHONET Liteに準拠しているあらゆるメーカーの家電が接続可能
 (2)ECHONET Lite機器のコントロールのみならず、お客様の独自プロトコル機器も対応可能
(3)複数の機器の状態を検知し、複数機器を統合的に最適な状態へコントロールすることが可能

※5月8日(水)~10日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される「スマートフォン&モバイルEXPO」のNSWブース(番号:東35-18)において、本サービスを紹介します。

(※1) Home Energy Management System の略で、家庭内機器や太陽光発電装置などを相互に接続して省エネに貢献するシステム。
(※2)エコーネットコンソーシアムが策定した通信プロトコル規格。
(※3)ENESMA は 当社が提供するスマートエネルギーマネジメントのブランド名です。

以上
■NSWについて
1966年創業。モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発を手掛けています。また、製造業、金融保険業、物流業向けなどの基幹システムや各種業務システムの構築、運用・保守サービス、自社データセンターでのアウトソーシングサービスもワンストップで提供しており、これらの実績を生かしたクラウドサービスを展開しています。
詳細はリンクをご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:荒木 貴正
TEL:03-4335-2610
FAX:03-4335-2651
E-mail:Embedded-Info@md.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:金子
TEL:03-3770-4014
FAX: 03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事