logo

NSW、クラウドメールサービス「NSW-BizMail」の提供開始 ~多数のセキュリティ機能を標準装備し、操作性と運用効率を向上~

電子メールは今やビジネスに欠かせないコミュニケーションツールとなっています。そのような中、企業はメールを利用するために、専用のメールサーバーの設置、ウィルス・スパムチェック機能の導入やメールアーカイブ・誤送信防止機能などの高度なセキュリティ対策機能の導入、さらには導入しているハードウェアやソフトウェア保守の更新など、維持管理コストや煩雑な運用管理が課題となっています。

 「NSW-BizMail」は、こうした運用におけるコストや負荷を軽減するため、操作性に優れ、運用効率を向上するクラウドメールサービスです。多数のセキュリティ機能を標準装備しているため、追加費用なしでID管理や環境設定が行えます。本サービスは、高セキュリティな当社データセンターにおいて24時間365日万全の体制で運用を実施するため、安心・安全に利用でき、サーバー設備から管理にかかるコストと負荷を軽減する上、管理者の運用の負荷を大幅に削減します。

 さらに、当社クラウドサービス「BlueSpider」ならびに当社データセンター内からの構内アクセス、また専用線などによるお客様拠点とのWAN接続(※)など、インターネットを経由せずにアクセスすることができ、これまで以上にセキュアな環境でのご利用が可能となります。
 ※Wide Area Networkの略でLAN同士を接続したネットワーク

 本サービスのご利用は、基本サービス 100ID 月額20,000円(初期費用100,000円)からとなり、今後1年間で、30社への導入を目指します。


■NSW-BizMail (リンク)の主な機能
(1)多数のセキュリティ機能を標準装備
・メールアカウント機能POP/SMTPアクセス、PC向けWebメール機能
・アカウント全体のメールボックスとして利用するストレージ領域
・ストレージ領域を効率的に利用するためアカウント単位での容量設定
・ウィルスチェック
・迷惑メール(スパムメール)対策
・メールの自動転送の制限・管理
・簡易送受信ログ管理

(2)豊富な運用支援機能(オプション)
・管理ポータルで複数ドメインを一括管理
・迷惑メール対策 隔離ボックス機能
・メーリングリスト機能および自動管理機能・メール誤送信防止機能
・通信元制限(アクセス制限)機能・POP/SMTP over SSL機能
・モバイル端末向けWebメール機能
・メールデータをアーカイブ機能
・プライベートクラウドやWAN経由など柔軟なアクセス構成

(3)安心・安全の運用・管理
・高信頼性のメールシステム基盤
・サーバー、ストレージの冗長化による可用性の確保
・万全な災害・セキュリティ対策
・導入時から経験豊富なSEによる技術支援
・24時間365日の監視・運用

以上

※5月8日(水)~10日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される「第4回クラウドコンピューティングEXPO春」のNSWブース(ブース番号:東5-27)において、本サービスを紹介します。



■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業の独立系ITソリューションプロバイダです。製造業、金融保険業、物流業向けなどの基幹システムや各種業務システムの構築、運用・保守サービス、自社データセンターでのアウトソーシングサービスをワンストップで提供する他、これらの実績を生かしたクラウドサービスを展開しています。また、モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発も手掛けています。詳細はリンクをご覧ください。



■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
クラウドソリューション部 担当:小田切
TEL:03-3770-0046
FAX:03-3770-0011
E-mail :cloud@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:金子
TEL:03-3770-4014
FAX: 03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。