logo

GuestLogix、Inflight Sales Group Hong Kongとの大規模免税契約の一環として、アジア太平洋地域の大手航空会社のキャセイパシフィック航空および子会社の香港ドラゴン航空と4年間の契約を獲得

GuestLogix Inc. 2013年05月06日 13時25分
From JCN Newswire

キャセイパシフィック航空がGuestLogix機内小売プラットフォームにより、機内小売業務全体を管理

TORONTO, ONTARIO, May 6, 2013 - ( JCN Newswire ) - 航空会社および航空旅行業界向け機内/車内販売および決済技術ソリューションの大手グローバルプロバイダ、GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は、キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空の機内小売業務を管理するために、POSハンドヘルドデバイスなどの機内小売技術プラットフォームを全機材に展開する契約を発表しました。同社のOnTouch(R) Analyticsプラットフォームはまた、透明性向上と機内ショップの業績最適化のために展開される予定です。この取引は、地域の大手免税品コンセッショネアのInflight Sales Group Hong Kong (ISG)と提携して、キャセイパシフィック航空との免税品プログラム複数年契約の一部として行われました。キャセイパシフィック航空および香港ドラゴン航空との契約獲得は、GuestLogixがチャネルパートナーのISGと提携して行った航空会社のお客様との契約の4番目と5番目に当たります。これ以前に、香港航空、香港エクスプレス航空、Jet Airwaysの機内で技術展開が行われています。

「キャセイパシフィック航空および香港ドラゴン航空との今回の新契約は、GuestLogixがアジア太平洋地域で大規模展開する端緒となります。」と、GuestLogix社長兼CEOのBrett Proudは述べました。「キャセイは、この地域でまさに先駆的なブランドであり、クラス最高の機内エクスペリエンスとして高く評価されています。多くの航空会社が、キャセイパシフィック航空の機内業務をモデルとしています。この展開に香港ドラゴン航空が加わったことで、中国本土で初めて大規模な支払処理活動を行うことになります。」

キャセイパシフィック航空および香港ドラゴン航空の航空機には、GuestLogixのPCI準拠ハンドヘルドPOSデバイスが搭載され、29か国約80都市へのフライトの機内で免税品を購入する際に主要クレジットカードが使えるようになる予定です。OnTouch(R) AnalyticsなどのGuestLogixプラットフォームの実装により、キャセイパシフィック航空および乗員向けの機能がレベルアップし、顧客サービス向上と機内販売業績アップが可能になります。

「キャセイパシフィック航空との契約は、GuestLogixのようなグローバル大手とのシナジーを図ることで生まれる価値を示しています。」と、ISG業務執行取締役のTony Detterは述べました。「弊社の専門知識と組み合わせて、我々はお客様に、ショッピングプログラムと機内小売ニーズのための究極のソリューションを提供できるようになります。我々はGuestLogixとともに、新しい機内ショッピング取引の確保に成功し続けていくことに、期待しています。」

GuestLogixの機内小売ソリューションは、ISGとお客様に、カード決済を受け付けるPOSハンドヘルドデバイスを提供しています。それと同時に、機内小売業務の運用、制御、および管理を行うend-to-end小売ソフトウェアやOnTouch(R) Analyticsも提供しています。

「弊社が重点を置いてきたアジア太平洋地域でのペネトレーション施策は、今回の大手お客様との契約獲得により結実しました。」と、GuestLogixグローバル販売担当EVPのIlia Kostovは述べました。「GuestLogixではグローバル航空業界で第一級のブランドの機内に、弊社技術を展開する準備を行っていますので、今回の契約は素晴らしい節目となります。弊社では、誠心誠意業務を行い、ISGと提携関係を強化して、豊富な機会にあふれるアジア太平洋地域でさらに拡大していきます。」

2012年にキャセイパシフィック航空は今までで最高の旅客数を記録し、2013年1月と2月にはビジネスクラスの需要増大を報告しました。今回の新規顧客獲得により、GuestLogixは新たに2700万人以上の旅客へサービスを提供することになります。

Inflight Sales Groupについて

Inflight Sales Group (ISG) は、航空コンセッション業務、管理およびマーケティングのパイオニアで、20年間以上の航空会社免税コンセッション管理の経験があります。ISGは当初、1982年にJean-Marcel Rouffによりアメニティキットサプライヤ、およびアジアと南北アメリカの航空会社の大手サプライヤの免税品の独占流通業者として設立されましたが、現在では、航空免税品販売ビジネスの大手コンセッショネアとなり、アジア、北アフリカおよび南北アメリカに強力な顧客ベースがあります。ISGチームは、イノベーティブなマーケティングプログラム、サービス文化、航空会社パートナーの機内販売推進における比類ない成功などで高い評価を受けています。詳しい情報は www.inflightsales.com リンク をご覧ください。

キャセイパシフィック航空について

キャセイパシフィック航空は、バンクーバー~ニューヨーク(JFK)間ノンストップの777-300ER便を毎日、バンクーバー~香港間ノンストップを週14便、トロント~香港間ノンストップを週10便、バンクーバー~香港間とトロント~香港間の貨物便を週3回運航しています。同社はワンワールド・アライアンスの加盟航空会社で、大手トラベル特典プログラムのアジア・マイルとの提携会社です。詳しい情報は www.cathaypacific.com/ca リンク をご覧ください。

GuestLogixについて

GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は機内販売関連の技術と商品化ソリューションの大手グローバルプロバイダで、信頼される機内取引処理パートナーとして培った10年以上の専門知識を、航空会社、鉄道会社、旅行会社などのお客様に提供しています。GuestLogixは、お客様が真にパーソナライズされたサービスのために、自社と旅客のニーズに合わせた機内小売環境を作成、管理、制御する支援をしています。同社は、ケータリング、免税品、機内エンターテインメントなどのグローバル大手会社と提携して、世界各国の航空会社や鉄道会社に包括的な機内小売サービスを提供しています。GuestLogixのグローバル本社と製品イノベーションセンターは、トロントにあり、地域本社はダラス、ロンドン、香港にあります。詳しい情報は www.guestlogix.com リンク をご覧ください。

(c) 2013 GuestLogix.全版権所有。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)について

このニュースリリースには、現在の期待に基づいた特定の将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。これらの記述には、GuestLogixが運営している事業や環境に関連したリスクと不確実性が伴います。この文書に含まれている記述のうち、過去の事実に関する記述以外はすべて、将来予想に関する記述と見なされます。それらは、同社やその経営陣が関連する範囲内で、「予測」「信じる」「計画」「推定」「期待」「意図」などの表現や、同等の表現により識別できます。将来予想に関する記述は過去の事実ではありませんが、将来の業績または出来事に関するGuestLogixの現在の期待を反映しています。将来予想に関する記述は、多くのリスクと不確実性の対象となっていますので、実際の結果または出来事が現在の期待から大幅に異なる可能性があります。これらの事項は、2012年10月15日に規制当局に提出された文書の「リスクと不確実性」に記載されています。GuestLogixは、将来予想に関する記述を更新する義務や、実際の結果が将来予想に関する記述に反映された内容と異なる場合がある理由について更新する義務を負いません。

お問い合わせ先
GuestLogix
Dan Thompson
マーケティング担当VP
広報& IR
+1-416-849-1566
dthompson@guestlogix.com
www.guestlogix.com リンク

概要:GuestLogix Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。