logo

◎カスタム化機能を付加したTerminal Emulationバージョン1.3.5を発表 Wavelink

Wavelink 2013年05月02日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎カスタム化機能を付加したTerminal Emulationバージョン1.3.5を発表 Wavelink

AsiaNet 52880
共同JBN 0495 (2013.5.2)

【ソルトレークシティー(米ユタ州)2013年5月2日PRN=共同JBN】LANDesk Softwareの一事業門であるWavelink(リンク)は2日、2バイト文字言語サポートとソフト入力パネル(SIP)キーボードのカスタム化オプションを追加するなど、Android向けのWavelink Terminal Emulation(TE)バージョン1.3.5の機能を拡張したと発表した。Wavelink TEは、アプリケーション取り込みのための信頼できるアクセスをモバイル・ユーザーに提供するとともに、企業がビジネスクリティカルなアプリケーションをモバイル・デバイス上で管理・拡大することを可能にする。これによって、エンドユーザーは作業を仕上げるために必要とするツールを常に保有することになる。

Network Worldに掲載された最新記事(リンク)の中で引用されたForresterのデービッド・ジョンソン氏によると、デバイスが完全な耐久性を必要とするアプリケーション(リンク)でAndroidが好まれるのは、メーカーがその必要性を正確に満たすデバイスを製造できるからである。Wavelinkは今回のTEの最新リリースの中で、カスタム可能なSIPキーボードの追加によってAndroidの柔軟性を拡張するとともに、アジア太平洋のウエアハウス・ユーザーに対し2バイト文字言語をサポートするプラットフォームを提供する。

Wavelinkの主任製品マネジャーであるミッケル・ストーム氏は「ウエアハウスは、たとえ同じ企業内であってもさまざまある。今回の新機能によって、その独自性をさらに拡張することが可能となり、あらゆる規模の企業のアプリケーション開発者はそれぞれのウエアハウスの中で完全にカスタム化したアプリケーション・ワークフローを構築することができるようになった。Androidのいいところはプラットフォームを柔軟に保つことであり、われわれはエンドユーザーの効率を向上させる形でそのカスタム化をあらに拡張したかった」と語った。

カスタム化可能なSIPキーボードを追加したことによって、さまざまコマンドおよびコントロールのキーボードを切り替える必要がなくなり、アプリケーション開発者は一カ所に最も頻繁に使用するキーを組み込むことが可能となる。これによって、エンドユーザーはワークフローに適した使いよいキーボード・インターフェースを使用して効率的に作業を進めることができる。

アジア太平洋地域は多くのデバイスが高価であるために、耐久性のあるデバイスの採用で後れをとってきた。しかし、Androidデバイスは一般的にコスト効率に優れており、アジア太平洋で使用される2バイト文字言語をTEがサポートすることによって、この地域の企業がAndroidプラットフォームを採用することが容易になる。

ストーム氏は「Androidはこの業界にとって極めて有用なプラットフォームである。なぜなら多数のカスタム化オプションを備えているからである。アジア太平洋地域でこのプラットフォームのサポートを追加することによって、われわれは世界のこの地域の顧客に既存のインフラストラクチャー投資を維持できる選択肢を提供したうえで、より効率的なアプリケーション・ワークフロー構築のための明確で容易、かつ安価な方法を顧客に提供する。ターミナル・エミュレーションは世界中で採用され、タスクワーカーの作業での採用が急増している。広範囲の地域で容易に実装できるカスタム化のオプションを追加することで、われわれはTEが今後も成長を続けることを促進する」と語った。

Android向けWavelink Terminal Emulationバージョン1.3.5は現在入手可能。詳細はウェブサイトリンクを参照するか、Wavelink販売担当に接触を。

Wavelink、同社製品、サービスに関する詳細はウェブサイトリンクを参照。
Twitterの@wavelinkでWavelinkのフォローを。
YouTubeのリンクで当社のビデオを閲覧。
Facebookでは「いいね!」を。
当社のブログはリンク

▽Wavelinkについて
LANDesk Softwareの一事業門であるWavelinkはマルチベンダー・モバイル・デバイス管理(リンク)、無線インフラストラクチャー管理(リンク)、ターミナル・エミュレーション(リンク)、ボイス・イネーブリング(リンク)、アプリケーション開発ソフトウエア(リンク)の大手プロバイダーである。Wavelinkは世界中に750万以上で利用されているクライアント・ライセンスを保有している。

Wavelinkのソリューションは、今日の企業モビリティー・システムの展開、管理、制御に内在するユニークな課題を解決する。これらのソリューションは現場スタッフの最高の業務を実現する。Wavelinkは、単一の使い勝手のよいコンソールによって耐久性のあるモバイル・コンピューティング・プラットフォームの管理、プロビジョン、アップデート、安全確保、問題解決を実現するプラットフォームを提供する。

Wavelinkの製品は、モビリティー、異種混合環境を取り巻く混乱、さらに要求が厳しくなるエンドユーザー・コンピューティング環境の課題を緩和する。室内でも屋外でも、Wavelinkはモビリティーをリードする。

ソース:Wavelink

▽問い合わせ先
Gemma Randazzo,
Wavelink,
Global Public Relations,
+1 801-316-9063,
grandazzo@wavelink.com,

Jason Deal,
Lois Paul and Partners,
Global Public Relations,
+1 512-784-7103,
jason_deal@lpp.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。