logo

◎2013年メキシコ社会基盤プロジェクト開発サミット6月に開催

Latin Markets 2013年05月02日 09時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎2013年メキシコ社会基盤プロジェクト開発サミット6月に開催

AsiaNet 52868
共同JBN 0486 (2013.5.1)

【メキシコ市2013年5月1日PRN=共同JBN】Latin Marketsの2013年 Mexico Capital Projects and Infrastructure Summit は産業界からの代表300人以上が参加してメキシコ市のWホテルで6月19日から20日まで開催される。

今年のメキシコ最大の社会基盤投資・開発に関する会合はメキシコの社会基盤整備市場に特徴的な分野でのプロジェクト、つまりエネルギー、運輸、鉱業、通信、不動産および社会基盤における地元のプロジェクトと諸課題に焦点が当てられる。

Empresas ICA がこのほど明らかにしたところによると、 (リンク
)、同社の最高経営責任者(CEO)アロンゾ・クインタナ(Alonso Quintana)が同社を代表して「革新的トランスアクションと構造のための戦略計画」についてと題する講演をおこなう。ICA で19年間の経験を積んだクインタナ氏はこのほど (リンク )、過去5年間にメキシコは公的部門と民間部門との協力で300件以上のプロジェクトを遂行した、と述べた
( リンク ) 。また、年間の社会基盤整備支出は56%増加し、近い将来に総額700億ドルに達する見込みだ、とも述べた。さらにメキシコは気候変動対策を法制化する世界で2番目の国になり ( リンク
)、スマートグリッドや、より持続的な輸送方式のための投資を増加させる道を開くことになる、という。2日間のサミットでは完全に包括的な産業構造の改変が「スマートシティのためのスマートインフラ:メキシコ市のケーススタディー」分科会で公表される。

参加者は世界的な建設会社や営業権保有者、年金基金、銀行、テクノロジー/エンジニアリング・コンサルタント、法務サービスプロバイダーの決定権限を保有する以下の人々の話が聞ける。
  社会基盤整備担当次官;通信運輸長官
    Mexico, International Finance Corporation のシニアマネジャー
    ICA Infraestructura社 の最高財務責任者(CFO)
    Hermes Infraestructura 社のマネジングディレクター
    Toll Roads and Railroads, Fonadin
    Renewables, Energy Regulatory Commission (CRE - Comision
Reguladora de Energia)のディレクター
    Grupo Marhnosの財務ディレクター
    Tradeco Infrastructure のマネジングディレクター
    Pinfra 社の最高財務責任者(CFO)
    Afore XXI Banorte 社長
    Mexico City  Administrator of Toluca International Airport の最高経営責任者(CEO)

今回のフォーラムは中南米で最も速く成長する社会基盤整備市場に興味と関心がある人なら誰でも参加できるネットワーキングの機会を提供するものである。

日程:2013年6月19-20日
イベント: 2013年Mexico Capital Projects and Infrastructure Summit
会場: W Hotel, メキシコ市、メキシコ
割引がある事前予約を推奨。(リンク )

▽問い合わせ先
Daniel Para Mata
+1-212-696-0892
Daniel.Mata@latinmarkets.org

▽Latin Marketsについて
Latin Markets は世界の投資コミュニティーに新規投資先、ビジネスオポチュニティー、パートナーシップへのアクセスをイベントプラットフォームの形で提供する。その内容は幅広いビジネス開発や教育手段を使い、中南米の最も活発な投資家および社会基盤開発関係者がより巧みに社会経済や規制、財務問題を解決できるように道案内することである。

ソース: Latin Markets


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。