logo

次世代分析用データベースの採用により、解析スピードが数倍アップ!- NetFlow/sFlow対応のネットワークトラフィック解析ツール「NetFlow Analyzer」の最新版 -

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、NetFlow/sFlow対応のネットワークトラフィック解析/帯域監視ツール「ManageEngine NetFlow Analyzer (マネージエンジン ネットフローアナライザ、以下、NetFlow Analyzer)」に、高速の次世代分析用データベースを採用することにより、トラブルシューティングレポートの解析スピードを大幅に向上した最新版を「リリース9.8」として、本日2013年4月24日にリリースします。6月3日より出荷を開始します。

NetFlow Analyzer 9.8製品情報URL:
リンク

30日間無料の評価版ダウンロードURL:
リンク

ネットワーク機器のインターフェースを通過するトラフィックデータを解析することで、SNMPに基づく監視だけでは捉えきれないネットワークトラフィックの詳細な状況を把握でき、ネットワークの利用状況の分析やトラブルシューティングが可能です。NetFlow Analyzerは、Cisco NetFlowやsFlow、IPFIX、Citrix AppFlowなどのフローデータを収集・解析し、ネットワーク帯域の利用状況や傾向を可視化することで、障害の原因解析やセキュリティ強化、キャパシティプランニング等の適切な対策を支援します。最新版「リリース9.8」では、従来からバンドルされている基本のデータベースに加え、高速の次世代分析用データベースを採用し、トラブルシューティングレポートにおけるデータの解析や検索のパフォーマンスを大幅に向上しています。収集したフローデータを従来の数倍以上の高速で解析でき、障害の原因解析にかかる時間を短縮します。また、解析性能の向上に従い、収集したフローデータの保管期間を1ヶ月間から1年間に延長しています。過去にさかのぼり不正が疑われる通信や帯域利用増大の詳細を調査する際に大変有効です。

【主な新機能および改良点】
詳細調査レポートの表示速度が向上
高速の次世代分析用データベースを採用し、トラブルシューティングレポートにおける解析スピードが数倍以上、向上しています。装置ごとに、指定条件に合致するフローデータをすばやく検索でき、より迅速な障害解析を実現します。

フローデータの保管期間の延長
収集後、平均化していないフローデータを保管できる期間を、従来の1ヶ月間から1年間に延長しています。
より長期間の収集データをトラブルシューティングレポートで解析することで、精度の高い解析が可能になります。

ユーザごとのタイムゾーンでの時刻表示
ユーザごとにタイムゾーンを選択し、タイムゾーンに対応した時刻表示でフローデータ表示、レポート生成ができます。

NetFlow Analyzer 9.8 新機能 URL: リンク
図: NetFlow Analyzer トラブルシューティングレポート


【製品概要、3つのEdition】
NetFlow Analyzerは、様々なネットワーク機器のインターフェースを通過するトラフィックのフローデータを取得・解析して、どのアプリケーションがどの程度の帯域を、誰がいつ、使用しているかなどの情報をグラフやレポートでわかりやすく提供します。

製品情報URL:
リンク
Edition情報URL:
リンク

【動作環境】
動作環境情報URL:
リンク
フローデータ対応機器情報URL:
リンク

【ライセンスと価格】
Professional Edition / Professional Plus Edition は10~600の、Distributed Editionは250~20000の論理インターフェースパック ライセンスを用意しています。論理インターフェース数とは、フローエクスポートを有効化した物理ポートおよびVLAN の合計数です。ルータやスイッチなどのデバイス数に制限はありません。

製品価格情報URL:
リンク

【会社情報】
ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt Ltdが開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを日本市場へ投入すると同時に関連するサポート、コンサルティングなどを提供しています。ネットワーク管理開発ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界2万5千社の有力企業で採用され、ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして認知されています。また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界6万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。その他、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で600万人を超えるユーザに利用されています。


※本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。(R)マーク、TMマークは省略しています。


報道関係からのお問い合わせ先: ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine事業 マーケティング担当
jp-memarketing@zohocorp.com TEL: 045-306-5157
お客様からのお問い合わせ先: ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine事業 営業担当
jp-mesales@zohocorp.com TEL: 045-444-3881
ゾーホージャパンURL:リンク
ManageEngine事業サイトURL:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。