logo

ユレッジとBlabo!が、「地震防災アイデア会議室」プロジェクトを始動!

株式会社イーティー 2013年04月23日 08時00分
From PR TIMES

ソーシャル・メディアを活用し、オープンに地震防災の知見を収集

 2013年4月23日、日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイト 【ユレッジ】を運営する、株式会社イーティーと、みんなのアイデア会議室 【Blabo!】を運営する、株式会社Blaboは、地震防災を日本中と考える「地震防災アイデア会議室」プロジェクトを始動しました。



 【ユレッジ】は広く一般の生活者から地震防災に関するアイデアを募集する目的で、【Blabo!】に、TwitterやFacebookなどのソーシャル・メディアとも連携した、オープンな「地震防災アイデア会議室」を設置します。この「地震防災アイデア会議室」に投稿されたアイデア及びディスカッションは、ユレッジの運営協力をする【J-SHIS 地震ハザードステーション】にフィードバックする他、ユレッジWebサイト、ユレッジFacebookページなどでも随時ピックアップ、ユレッジの運営にも反映していく予定です。「地震防災アイデア会議室」の運営にあたっては、サービス運営元である【Blabo!】の協力を受けます。


第1回テーマ: 世界一地震が起こる日本を、世界一被害が生まれにくい国にするための防災アイデアって?


---------

Blabo! 「地震防災アイデア会議室」
リンク

みんなのアイデア会議室 - Blabo! (ブラボ)
リンク

ユレッジ : 日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイト
リンク

ユレッジ Facebookページ
リンク

---------

株式会社イーティー
リンク
ユレッジ運営元。2012年11月1日設立。法人・個人を問わず、Webサイトやソーシャル・メディア活用の企画・制作、またそれに附帯する業務を手がけています。フリーランスのチームでプロジェクトを運営することを得意とし、様々な領域のパートナーと連携しています。また代表、加藤 康祐は「アプリそうけん(リンク)」にて記事を執筆する他、人がメディアになる時代のインタビュー・サイト「ET Luv.Lab.(リンク)」を運営しています。

---------

J-SHIS 地震ハザードステーション
リンク
ユレッジ運営協力。J-SHIS は、独立行政法人防災科学技術研究所によって運営される、地震防災に資することを目的に、日本全国の「地震ハザードの共通情報基盤」として活用されることを目指して作られたサービスです。「全国地震動予測地図(J-SHIS Map)」を始めとし、スマートフォン・アプリなど、様々なツールが提供されています。

---------

株式会社Blabo
リンク
【会社概要】2011年9月1日設立。共創(コ・クリエイション)プラットフォームの構築及び、共創による新規事業、商品開発支援を行うコンサルティング業務を主な事業としている。
【代表者略歴】外資系消費材メーカー マーケティング部門にて戦略立案、新商品開発に従事。株式会社エニグモ プロデューサーとして新規事業立ち上げ、株式会社ビオピオ取締役最高執行責任者としてgreenz.jpとBlabo!の事業運営を経て、2011年9月に株式会社Blaboを創業。代表取締役に就任。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。