logo

◎順天湾国際庭園博覧会が4月20日に開幕

2013年韓国順天湾国際庭園博覧会 2013年04月22日 14時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎順天湾国際庭園博覧会が4月20日に開幕

AsiaNet 52779
共同JBN 0454 (2013.4.22)

【ソウル2013年4月19日PRN=共同JBN】184日間にわたって持続的成長の重要性を訴える順天湾での庭園博覧会が予定通り4月20日、韓国南部の地で開幕すると、国際庭園博覧会組織委員会が発表した。2013年韓国順天湾国際庭園博覧会(International Garden Exposition Suncheon Bay Korea 2013)は首都ソウル南方415キロの全羅南道順天市で4月20日から10月20日まで、「地球の庭園」(Garden of the Earth)をテーマとして開催される。開幕式は4月19日午後5時から博覧会場で挙行される。同博組織委員会は「6カ月間の博覧会が順天市を『緑化都市』の先導的立場に押し上げる役割を果たすことが予期され、同市は同イベントの後、世界で最も環境保護を配慮する地域の一つとして認められることを目指している」と述べた。

(Photo: リンク

この博覧会は111万平方メートルの会場の中にある4つの主要な区域、すなわち樹木園区域、湿地センター区域、世界庭園区域、湿地区域を通じて多種多様な展示物を提供する。

会場内には83の様式の異なる庭園があり、これに加えて異国情緒豊かな風光の11カ所、エコジオ塔(ECOGEO Green House)、順天市立図書館、順天湾国際湿地センター(Suncheon Bay International Wetland Center)などがある。

組織委員会は「順天湾は博覧会場の近くに位置し、その規模は260万平方メートルに及んでいるが、6カ月間の期間中、博覧会を訪れる人たちの主要な観光訪問先の一つとしての役割を果たすことが期待される」と述べている。

2006年、順天湾は韓国で初めて湿地帯保護のための政府間国際取り決めであるラムサール条約に登録された沿岸湿地となった。

組織委員会は、この庭園博は全期間中に種類の異なる93のパフォーマンスが総計3993回、上演されると付け加えた。

韓国農村経済研究院(KREI)によると、順天市ではこの国際イベントによって総額1兆3000億ウォン(11億5000万ドル)の生産誘発効果が得られ、1万1000の雇用機会が生まれる。順天市はこの今年を飾るイベントのホスト都市として総額2455億ウォンを投資した。

同市は博覧会の全集客数が目標の400万人を超え、入場料収入だけでも400億ウォンを計上するものと期待している。

ソース:International Garden Exposition Suncheon Bay Korea 2013

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。