logo

ホワイトリスト方式不正ソフト対策 標的型メール・ゼロデイ攻撃対策「Lumensionアプリケーションコントロール」による「WindowsXP延命ソリューション」

株式会社ロックインターナショナルは、ホワイトリスト方式の不正ソフト対策・標的型メール・ゼロデイ攻撃対策として定評のある「Lumensionアプリケーションコントロール」によるWindowsXPの延命ソリューションを発表いたしました。

ホワイトリスト方式不正ソフト対策 標的型メール・ゼロデイ攻撃対策
「Lumensionアプリケーションコントロール」による「WindowsXP延命ソリューション」

株式会社ロックインターナショナル《東京都渋谷区代々木2-5-1、代表取締役 岩清水廣行》は、ホワイトリスト方式の不正ソフト対策・標的型メール・ゼロデイ攻撃対策として定評のある「Lumensionアプリケーションコントロール」によるWindowsXPの延命ソリューションを発表いたしました。来年の4月8日にはMicrosoft社によるサポートが終了となるWindowsXPを搭載した端末に対して、OSを含めた全てのアプリケーションの実行をホワイトリストで管理し、脆弱性を狙ったサイバー攻撃を未然に防ぐことを可能とします。今尚多くの企業で使われているWindowsXPの端末ですが、業務アプリなどの開発期間を考えるとサポート期間内に全て移行するのが困難なケースが考えられ、その期間のサイバー攻撃等のリスクが非常に高まることが予想されます。そのような状況下においてもWindowsXP端末の健全な稼動をサポートし、新しいOSを搭載した端末へ移行期間中リスクを最小限に抑えるホワイトリスト方式ならではのソリューションを提供いたします。

「Lumensionアプリケーションコントロール」は、ホワイトリスト方式の不正ソフト対策ソリューションです。管理者によってホワイトリストに登録された実行ファイルやスクリプトだけが実行される強固なセキュリティ環境を実現します。それにより、アンチウイルスソフトでは対策が困難な新種および未知のウイルス攻撃に対して予防的な対策を行うことが可能です。昨今のサイバー攻撃では標的型およびゼロデイ型の攻撃が主流となっており、様々な業種でホワイトリスト型セキュリティ対策の導入が進められております。また現状では、Windows2000端末の保護用途にもお使いいただいております。

■LumensionアプリケーションコントロールV.4.5の機能と主な特長
□WindowsXP、Windows2000端末の保護
□ホワイトリストでアプリケーション実行制御
□標的型メール・ゼロデイ攻撃の予防
□未知のウイルス・新種のウイルスに対応
□フィッシングウイルス・スパイウェア等に対応
□URLホワイトリスティング(新機能)
□マクロ・スクリプトの実行制御
□P2Pソフト・ゲームなど不要ソフトの排除
□ログの集中管理・レポート機能
□オフラインPCの保護
□海外拠点も集中管理

■製品および関連製品の詳細情報はこちら
Lumensionアプリケーションコントロール:リンク

■LumensionアプリケーションコントロールV.4.5 主な動作環境
アプリケーションサーバ(OS):Windows Server 2003または2008、2008R2、2012
データベース:Microsoft SQL Server 2005、2008、2008R2、2012 各Standard、Enterprise、Express Edition
クライアント(OS):Windows 2000 Professional、XP、Vista、7、8、XP Embedded、WEPOS、Embedded Standard 2009、Embedded Standard 7、XP Tablet PC Edition、Windows 2000 Server、Windows Server 2003、2008、2008R2、2012(Windows XP、Vista、7、8、Windows Server2008、2008R2、2012は64bit版に対応)

■評価版ダウンロードサイト
Lumensionエンドポイントセキュリティ評価版ダウンロード:
リンク

本製品は、Lumension社の開発製品であり、北米やヨーロッパの警察・捜査機関や軍隊、政府機関、国際機関、金融・保険機関等に多くの導入実績を持つ、“信頼できる情報漏洩対策ソフトウェア”として定評があります。国内では株式会社ロックインターナショナルが窓口となり販売いたします。

(平成25年4月16日)

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ロックインターナショナル
担当者名:宮坂 孝
TEL:03-5304-5395
Email:info@rockint.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。