logo

列車のコネクティビティを実現するエンタープライズクラスのセルラールータ「Digi TransPort WR44 RR」を発表

列車運行管理システムと乗客のインターネットアクセスを実現

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、このほど、厳しい鉄道環境向けに設計されたエンタープライズクラスのセルラールータである「Digi TransPort WR44 RR」を発表しました。本ルータは、確実なプライマリの高速セルラーネットワーク接続経由で列車および線路沿いの設備にコネクティビティを供給し、また既存の鉄道データ網への安全なバックアップ接続の構築が可能です。鉄道業界認証と柔軟性の高い通信、最新のセキュリティを備えたDigi TransPort WR44 RRは、列車の通信・監視、乗客のインターネットアクセス、鉄道の安全性を高める列車移動の監視・制御を実現するシステムである列車運行管理システム(PTC : Positive Train Control)といった鉄道車載アプリケーションに理想的です。


「Digiのワイヤレスルータを使用した何万マイルもの鉄道の監視において、私たちは顕著な鉄道業界の経験を有しています。Digi TransPort WR44 RRにより、鉄道サービスプロバイダは、列車搭載機器のコネクティビティに加えて、鉄道利用者数増加に繋がる乗客へのインターネットアクセスの提供が可能になります」と、Digi Internationalのマーケティング上級副社長のラリー・クラフトは話しています。


Digi TransPort WR44 RRは、利用者数の増加に通じるインターネットアクセスおよび乗客の利便性向上をカスタマに提供するため、内蔵Wi-Fiアクセスポイントのオプションを備えています。また、3G/4G Qualcom Gobi マルチキャリアセルラーコネクティビティ、シリアルポート、4ポートイーサネットスイッチも搭載しています。


Digi TransPort WR44 RRは、AREMA C/H、AAR S-5702およびEN50155などの鉄道産業認証を取得しています。また、先進のダイナミックルーティングおよび、ステートフルバケット検査や内蔵IPSec VPNなどの最先端のセキュリティを備えています。


Digi TransPort WR44 RRは、iDigi Device Cloudに接続することで、大規模なリモートのDigi TransPort機器の容易なセットアップ、コンフィグレーション、管理を実現します。


Digi TransPort WR44 RRは、現在入手可能です。詳細は、www.digi.com/industries/railroadをご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

gi TransPort WR44 RR

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事