logo

OS移行費用を長期平準化

ピーエスシー Windows 8 への移行サービス開始

ICTサービス全般の企画・開発・設計から構築・導入、運用・保守までをワンストップで提供する株式会社ピーエスシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 正之)は、Windows8への移行を支援する期間限定のキャンペーン「GO TO 8(ゴー・ツー・エイト)」を、2013年4月9日より提供致します。



「GO TO 8」キャンペーンは、2014 年 4 月 8 日 (米国時間) に、Windows XP Service Pack 3 (SP3)、Windows XP 64 ビット版 SP2 および Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3)の製品サポートが終了することに合わせ、日本マイクロソフトが2013年4月9日より開始する、最新PC環境への“移行支援強化期間”に対応するものです。
Windows XPを導入済で、Windows8及び7への移行を検討されている企業様に、期間限定で特別な移行メニューを提供いたします。

ピーエスシーの持つ数十万台に及ぶ豊富な移行実績を元に、手間のかかるOS移行を全面支援すると共に、特にコストインパクトを軽減したいお客様に対しては、本来初期にかかる膨大な移行費用を、パソコンの運用費用に含めた月額制で提供する特別な移行プランをご用意しております。

またOS移行に加え、社内のWindows環境に対応できるタブレット端末導入をご検討中のお客様には、Windows8を搭載したタブレットの購入からキッティング、設置までをセットにした移行プランもご用意しております。


※Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。


=================================================================

■「GO TO 8」 期間限定キャンペーン概要
・対象期間   : 2013年4月9日 ~ 2014年4月8日
・サービス詳細 : リンク
・問い合わせ先 : sales@psc-inc.co.jp
           0120-548-037
-----------------------------------------------------------------------------------------

当キャンペーンへ日本マイクロソフト株式会社よりエンドースコメントを頂きました

日本マイクロソフトは、株式会社ピーエスシー様の「Windows 8 への移行サービス」並びに期間限定キャンペーン「GO TO 8(ゴー・ツー・エイト)」開始を歓迎致します。
今回発表された「Windows 8 への移行サービス」により、日本マイクロソフトとパートナー各社が進める「移行支援強化期間」において、タブレットを含む様々なデバイスの Windows XPからの移行をご検討のお客様が、Windows 8 及び Windows 7 へ低コストでスムーズに移行できることを確信しております。

日本マイクロソフト株式会社
執行役 ゼネラルビジネス ゼネラルマネージャー
高橋 明宏

=================================================================


□株式会社ピーエスシーについて
株式会社ピーエスシーはコンサルティングも踏まえたWebサイト制作、システム開発を行う「Webインテグレーション事業」、セキュアセンターを拠点とし全国展開を行う「ITサービス事業」、データセンターを基盤としクラウド・コンピューティングを視野に入れた「アウトソーシング事業」の3つの事業を核とし、ITサービス全般において企画・設計から構築・導入、運用・保守まで、ワンストップで提供しています。

□会社概要
社名   : 株式会社ピーエスシー
代表取締役: 鈴木 正之
設立   : 1996年9月
所在地  : 東京都港区芝公園2-2-18 オーク芝公園ビル
電話番号 : 03-3435-1044
社員数  : 486名(2013年4月1日現在)
拠点情報 : 東京本社・西日本エリア大阪営業所
     : 仙台・名古屋・福岡カスタマーサービスオフィス
     : PSCセキュアセンター(東京都)・PSCデータセンター(東京都)
     : テクニカルサービスセンター(大阪府)
URL    : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事