logo

◎(ISC)2(R) 第7回年次アジア・パシフィックISLAプログラムへの候補者受付を開始

(ISC)2, Inc. 2013年04月08日 11時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎(ISC)2(R) 第7回年次アジア・パシフィックISLAプログラムへの候補者受付を開始

AsiaNet 52641
【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

(ISC)2(R) 第7回年次アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント・プログラムへの候補者受付を開始

情報セキュリティ業界における先駆者たるリーダー、コミュニティへの貢献者、マネジメントのパイオニア、そして、優れた実践家を表彰するためのプログラム

香港、2013年4月8日/PRニュースワイヤ/ -- 世界最大・非営利の情報セキュリティの専門家団体であり、CISSP(R) ( リンク )の運営母体でもある(ISC)2 (R) ( リンク )(アイ・エス・シー・スクエアード、以下「(ISC)2」)は、第7回年次アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(以下「ISLA(R)」) プログラムへの候補者の受付を開始したと本日発表しました。経営者や情報セキュリティ専門家の推薦方法については、 リンク へアクセスし、「ISLA Asia-Pacific」をクリックして下さい。今年の受賞者は、2013年8月8日にフィリピン・マニラで行われる「セキュアアジア@マニラ・カンファレンス(SecureAsia@Manila Conference )と同時開催される祝賀ディナーの場で、 (ISC)2 の委員によって表彰されます。

アジア・パシフィックISLA プログラムは、 (ISC)2のグローバル・アワード・プログラムの一環として、情報セキュリティ分野で高い能力と倫理観を持ち合わせた人材育成に継続的に貢献したリーダー達を顕彰する目的で2007年に始められました。この表彰は、専門資格の有無を問うものではありません。「Senior Information Security Professional」、「Managerial Professional for an Information Security Project」、および「Information Security Practitioner」という3つの異なる分野で、受賞者が指名されます。

全候補者は、 (ISC)2 のアジア・アドバイザリー・ボード(AAB)の委員およびアジア・パシフィックISLAの過去の受賞者たちで構成される候補者審査委員会によって、選考基準と適格要件に基づき審査されます。
候補者審査委員会のメンバーのリストについてはこちらをご覧ください:リンク

「2007年以来、アジア・パシフィック ISLA のプログラムによって、(ISC)2 は200人を超える情報セキュリティのプロフェッショナルを表彰してきました。このようなプログラムによって、情報セキュリティ分野における専門性、革新性、そしてリーダーシップを広く紹介し、こうした優れた専門家がコンピュータ世界の安全性を高めるために日々尽力しているという認識を高める事の重要性を確認しています。今年もマニラにて、他の専門家や重鎮と共に、彼らの業績を讃えることを楽しみにしています」と、CISSP-ISSEP、 CAP、 CISAであり、(ISC)2 のExecutive DirectorでもあるW・ホード・ティプトンは述べています。

プログラムと候補者基準に関する詳しい情報についてはこちら( リンク )をご覧ください。2012年受賞者の業績詳細の紹介についてはこちら( リンク )をご覧ください。候補者を推薦するには、ログイン・アカウントを作成し、推薦フォームにご記入の上、 リンク までご提出ください。推薦の締め切りは2013年5月24日です。

(ISC)2 (リンク ) について

(ISC)2は、情報およびソフトウェアのセキュリティ・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する、世界最大の会員制非営利団体であり、135ヵ国に9万人近くの会員を有しています。 (ISC)2 では、世界的に代表的な資格として認識されているCertified Information Systems Security Professional (CISS(R)P) およびその上位資格、また、Certified Secure Software Lifecycle Professional (CSSLP(R))、Certified Authorization Professional (CAP(R))および Systems Security Certified Practitioner (SSCP(R))などの資格認定を行っています。(ISC)2の資格は、情報技術分野の人材を評価・認定する際のグローバルなベンチマークである「ISO/IEC 基準17024」の厳しい要求を満たした最初の情報技術関連資格の一つです。 (ISC)2は、また情報セキュリティ分野の知識を体系化した独自の CBK(R)に基づき、情報セキュリティ関連の教育プログラムやサービスを提供しています。詳しくは www.isc2.orgをご覧ください。

(C)2013, (ISC)2 Inc. (ISC)2, CISSP, ISSAP, ISSMP, ISSEP, CSSLP, CAP, SSCP および CBKは、 (ISC)2, Inc.の登録商標です。

(ISC)2 Asia-Pacific(アイエスシー・スクエア・アジアパシフィック)
Kitty Chung(キティ・チュン)
電話:+852-3520-4001
Eメール:kchung@isc2.org
(ISC)2ジャパン
衣川 俊章
電話: 03-5366-4752
Eメール:tkinugawa@isc2.org

出所: (ISC)2, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。