logo

Global Video Index: Broadcaster Edition、マルチスクリーンテレビの最新トレンドを明らかに

Ooyala 2013年04月05日 11時45分
From JCN Newswire

すべてのスクリーンでライブおよび長編ビデオのパフォーマンスが、オンデマンドと短編ビデオを上回る

MOUNTAIN VIEW, CA and LONDON, Apr 5, 2013 - ( JCN Newswire ) - 第一級のビデオパブリッシング、分析、収益化の大手イノベータのOoyalaは、四半期ごとのGlobal Video Indexの特別版を、本日発表しました。インデックスでは、世界の放送局およびエンターテイメントネットワーク発のマルチスクリーンのビデオ消費の最新トレンドが明らかになっています。調査結果は、ライブコンテンツとVOD (ビデオオンデマンド)の劇的な違いや、ゴールデンタイムのオンライン視聴時間と従来のTVとの違いに、スポットライトを当てています。

レポートでは2013年3月に取られたスナップショットを提供し、従来の制限された配信から、ビデオ対応コネクテッドデバイスの普及によるクロスデバイスの急成長の状況まで、第一級のコンテンツの継続的な変化を実証しています。レポートの知見は、コンテンツおよび広告戦略に情報を提供し、放送局が消費状況の理解を深めるのに役立ちます。

Ooyalaは、ディスカバリ、パーソナライズ、全体的な視聴者エンゲージメントなどの改善を通じた売上高を増大する分析適用能力を活かして、ESPN、ブルームバーグ、オーストラリア最大のマルチサービス通信事業者のTelstraなど、大手放送局とエンターテイメント会社からなるパートナーポートフォリオを獲得しました。Ooyalaはまた、英国のNBCUniversal PictureBoxが今年後半に提供開始予定のイノベーティブな新しいマルチスクリーンエクスペリエンスの展開に、先日採用されました。

Global Video Index: Broadcaster Editionは www.Ooyala.com リンク からダウンロードできます。ハイライトは次の通りです。

-- 放送およびエンターテイメントネットワークで、ライブビデオが、VODコンテンツの2.5倍長く視聴されています。
-- オンライン放送コンテンツのゴールデンタイムは、平日の正午と、週末の午後9時です。
-- タブレットによる視聴は週末に急上昇し、視聴者はオンライン放送局のビデオを2倍の時間視聴します。
-- 3月のモバイルビデオ視聴時間の75%以上は、長編コンテンツ(長さ10分以上のビデオ)でした。
-- 全タブレットビデオ消費の半分近くは、少なくとも30分の長さでした。

「ビジネス推進にビデオを活用している放送局にとって、視聴した場所、時間、デバイスなどの知見は、番組制作や収益化の戦略を推進するものです。」と、Ooyala CEOのJay Fulcherは述べました。「戦略が有効でない場合、資金を失います。幸運な場合は、資金を活かせず放置することになります。簡単に言えば、データ推進型知見によりコンテンツと番組制作が改善され、企業の収益向上に役立ちます。」

Ooyalaは、4月8~11日に米国ラスベガスの全米放送事業者協会(NAB)とフランスのカンヌのMIPTV (Marche International des Programmes de Television)の2大放送関連イベントで、放送局の売上高最大化を実現する新技術の展示をします。

同社は、オンラインの視聴者エンゲージメントを増大するように設計された新規コンテンツディスカバリ技術や、顧客到達度を劇的に増大し、AndroidデバイスとコネクテッドTVに動画を配信するコストや開発期間を節減する新しい配信ツールのデモを行います。

2月にOoyalaは、全世界の視聴者のオンラインビデオ視聴状況に関する知見を提供するGlobal Video Index: 2012 Year in Reviewをリリースしました。詳しくは、Global Video Index全文( リンク )をご視聴ください。

今ではビデオが複数のデバイスで消費されるようになったため、視聴者の断片化が起きており、コンテンツプロバイダが視聴行動を理解することがよりいっそう重要になっています。Ooyalaの市場トップクラスのビデオ分析により、放送局、メディア企業、消費者ブランドは、視聴者の理解を深めてその数を増やし、マルチスクリーン放送の収益を増大しています。

Ooyalaの分析は、Ooyala DiscoveryやOoyala Nowのようなツールも実現しています。Ooyala Discoveryは、ビデオコンテンツプロバイダが、Ooyala Player内で関連性の高いコンテンツをアルゴリズムを使って推奨し、視聴関連の売上高を増大できるようにします。Ooyala Nowは、リアルタイムビデオ分析ダッシュボードで、Ooyalaのコンテンツプロバイダと通信事業者が、ライブとVODのコンテンツ消費の両方が、全デバイスで発生している状況を見えるようにします。

Ooyalaについて

Ooyalaは、すべてのスクリーンでパーソナライズされた動画エクスペリエンスを提供し、オンライン動画管理、パブリッシング、分析、収益化などをリードする企業です。Ooyalaの技術・サービスの統合スイートは、視聴者のエンゲージメントと動画の売上の増大を推進する深い知見を通じて、オーディエンスを増やす力を、コンテンツオーナーに提供します。

Ooyala技術を使用している企業には、Telstra、ESPN、Pac-12 Enterprises、Miramax、ブルームバーグ、Telegraph Media Group、Telefonica、ザ・ノース・フェイス、Rolling Stone、デル、Sephora、Yahoo! Japanなどがあります。米国カリフォルニア州マウンテンビューに本社があるOoyalaは、ロサンゼルス、ニューヨークシティ、ロンドン、シドニー、グアダラハラ(メキシコ)に事務所があります。同社は、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、日本、アジア太平洋地域の第一級の再販業者と技術パートナーと協業しています。詳しい情報は www.ooyala.com リンク をご覧ください。

お問合せ情報
プレスお問い合わせ先:
Steve Biondolillo
コミュニケーションマネージャー
Ooyala
steveb@ooyala.com
+1-408-620-0847

概要:Ooyala

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事