logo

ハングアウト、スマートフォン向けリワード広告「Macro Line Reward」の広告主数が700社を突破

株式会社ハングアウト 2013年04月05日 10時00分
From ValuePress!

スマートフォン(Android及びiOS)向けリワード広告「Macro Line Reward」の提供を行う株式会社ハングアウトは、「Macro Line Reward」における広告主数が700社を突破致しました。

報道関係者 各位
プレスリリース

2013年4月5日
株式会社ハングアウト
代表取締役社長 花垣和弥


スマートフォン(Android及びiOS)向けリワード広告「Macro Line Reward」の提供を行う株式会社ハングアウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:花垣和弥)は、「Macro Line Reward」における広告主数が700社を突破致しました。

リワード広告市場における主要な広告主として、SAP系(※)が大きな割合を占めておりますが、昨今のソーシャルゲーム市場の拡大にあわせて、GooglePlay、App Storeでの、アプリの登録、インストールを成果地点とした広告予算も日に日に拡大し、大手SAP系広告主の求める獲得件数を、指定の期日内での獲得(予算消化)が進まないケースも多く見受けられます。

そのような市況下において、「Macro Line Reward」はハングアウトが独自に開発・販売するポイントメディア、ソーシャルゲームシステム「X-point」「X-RPG」を導入している独占媒体を筆頭に獲得を行っており、広告主として、特にSAP系広告の獲得を得意としています。

「Macro Line Reward」のスマートフォンに対応している広告主数は、前年同月比で2013年3月は367%成長と大きく増加しており、主な広告種別としては、上記のSAP系以外でも、GooglePlay、App Storeのマーケットを活用した多種多様な広告を多数取り揃えております。

また、取り扱い広告の増加に伴い、「Macro Line Reward」はこれまで「X-point」「X-RPG」を導入している独占媒体を筆頭に獲得を行っておりましたが、更なる拡大の為、広告掲載頂ける新規メディアとの提携も積極的に実施しております。


※SAP(ソーシャルアプリケーションプロバイダー)系とは、ソーシャルアプリ、ソーシャルゲームを提供する企業となります。



■会社概要
会社名:株式会社ハングアウト
代表者:花垣和弥
設立年月:2008年9月30日
資本金:1000万円
住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー5F
URL:リンク
事業内容:
ソーシャルゲーム開発/運営/収益化コンサルティング事業
モバイルアフィリエイト広告事業
モバイルメディア開発事業

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ハングアウト
担当者名:曾田
TEL:03-4590-7679
Email:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事