logo

Joe'sクラウド、VPSで提供しているCloudStackをApache版4.0にバージョンアップ

株式会社Joe'sクラウドコンピューティング 2013年04月01日 14時00分
From DreamNews

Joe'sクラウドコンピューティングでは、VPS(Virtual Private Server)として、LXC(Linux Container)、Paralells Virtuozzo、KVM(Kernel-based Virtual Machine)を提供しています。このうち、KVMは、x86で動作するOSを自由に選択できるメリットがあります。
KVMのVPSは、他社でも提供していますが、Joe'sの場合、契約者がCloudStackで仮想サーバーを生成・管理できるようになっていて、低価格のVPSサービスでありながら、クラウドサービスと同等の機能を有しています。特に複数の仮想サーバーをご契約いただいた場合、以下のようなメリットがあります。

・ 仮想サーバー間の通信がインターネットを介さない
・ ロードバランサ機能

今回のバージョンアップは、CloudStack 4.0のメリットを生かすことが目的です。国内でCloudStackを採用しているインフラ系クラウドの業者は、Joe'sも含めて、バージョン2.2を提供していました。バージョン3以降は、有償版(Citrix社版と無償版(Apache版)に分かれましたが。しかし、それ以降、VPSおよびパブリッククラウドの業者で、バージョン3以降のCloudStackを利用しているところは、(弊社の調査では)ほぼ皆無に近い状況です。

Joe'sでは、2012年11月の関西オープンフォーラムおよび2012年12月および2013年2月のオープンソースカンファレンスといったオープンソースのイベントで、低スペックのプランのアカウントを(1年間)無償で配布して来ました。各アカウントで仮想ルータの状況が視覚的に把握できる、ネットワークの性能がバージョン2.2と比較して安定しているなどのメリットが確認でき、運用上の問題が生じていないことから、今回のバージョンアップという結論に至りました。

Joe'sでは、今後とも、インフラ系クラウドを利用される方々のニーズにそうようなサービスを積極的に提供していく所存です。よろしくお願い致します。

■株式会社Joe'sクラウドコンピューティング 会社概要
社 名:株式会社Joe'sクラウドコンピューティング
責任者:代表取締役 鈴木 禎子
資本金:1,000万円
設 立: 2002年11月 (創業2002年7月)
住 所:大阪本社
〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9F
銀座オフィス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル7F
青山オフィス
〒107-0062 東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル4F

契約ユーザ数20,000社、専用サーバー650台、専用SSL証明書40,000件発行、バーチャルオフィス1,000社
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク
■本件に関するお問い合わせ
株式会社Joe'sクラウドコンピューティング
担当: 高橋宏和、緒方俊輔
TEL: 0120-087-388
サポートおよびチャット: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事