logo

【ホテル椿山荘東京】2013年8月、人気の2宴会場「カシオペア」・「ソレイユ」がリニューアル!

藤田観光株式会社 2013年03月28日 16時15分
From Digital PR Platform


ホテル椿山荘東京(文京区 総支配人:浦嶋幸一)では、中宴会場「カシオペア」(最大収容人員90名)を「上質へのCorridor(コリドール/回廊)」、中宴会場「ソレイユ」(最大収容人員90名)を「太陽の下(もと)の婚礼式」をテーマにリニューアルいたします。


■専用廊下から続く、プライベート空間の「カシオペア」
披露宴会場まで続く全長24メートルの専用廊下が、パーティへの期待感を膨らませます。この「専用廊下」、「披露宴会場」、そして「テラスへと続くガーデンルーム」、「ウッドデッキ・ガーデン」というプライベート感ある贅沢な空間がカシオペアの最大の特長です。
 この4つの空間のトータルコーディネートをスタイルソムリエ(当ホテルプランナーの呼称)と食空間プロデューサーが提案します。ホテル椿山荘東京がおすすめする4つのテーマから、おふたりのおもてなしに合ったコーディネートをお選びいただけます。
 また、これらの空間は新郎新婦がシーンによって思い通りに使うことができます。専用廊下にふたりの思い出の品を飾る、“Welcome”の気持ちを伝える小物を配置する、ウッドデッキに出て緑のなかでゲストと記念撮影をするなど、大切なゲストをおもてなし、感謝の気持ちを伝えることができます。


■あたかも庭園のなかにいるかのような「ソレイユ」
「ソレイユ」は、ホテル椿山荘東京の最大の特長である庭園を最も身近に感じることのできる披露宴会場のひとつです。「太陽の下(もと)の婚礼式」をテーマに、「自然に包まれた、庭園を眺めながらの祝宴」を披露宴会場のなかに取り込みました。
オーナメントがきらきらと輝く太陽モチーフの照明をはじめ、既存の大きな窓、ミラー素材や光沢のあるタイルを用いた柱により、洗練された雰囲気のなか、より一層の明るさが広がります。また、飾り棚のあるコンソールやオーナメントを吊り下げた天蓋、ゆったりとしたカウチを配し、カジュアル過ぎず、かつ親密で寛げる空間を演出します。スタイルソムリエが提案する、生演奏と美食のセッションにより、贅沢で和やかなひとときをお過ごしいただけます。



ホテル椿山荘東京のウエディングコンセプトである、「Many Thanks Wedding~ふたりの感謝の気持ちをカタチに。~」そんな世界にたったひとつの結婚式をつくるため、私たちが心をこめてお手伝いします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。