logo

経営セミナーを開催

日本製粉株式会社 2013年03月28日 09時27分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年3月28日

日本製粉株式会社

日本製粉経営セミナーを開催
~開催日:2013年4月18日(木)~

 日本製粉(株)(社長小寺春樹)は、グループ会社でコンサルティング業務を担当するニップンビジネスサポート(株)(社長小松二郎)と共催で、2013年4月18日(木)にお得意先のみなさまを対象に経営セミナーを開催いたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
 イノベーションを持続可能にする集合実践知経営-Distributed Phronesis-
-----------------------------------------------------------------------------------------
 食品業界は少子高齢化や消費者の節約志向などによる販売競争激化に直面しています。しかし厳しい経済環境下でも企業は成長を続けなければなりません。今回の経営セミナーでは、知識経営の世界的第一人者である一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏をお招きし、企業内に蓄積された知識を活用しいかにイノベーションを起こすかについてご講演いただきます。

----------------------------------------------------------
 今後の日本と世界の経済情勢について
----------------------------------------------------------
 日経平均株価が2008年9月以来、約4年半ぶりに1万2600円台になるなど、“アベノミクス”と呼ばれる新政権の経済政策による景気浮揚の期待はあります。しかし今後の日本や世界の経済情勢はいまだ不透明です。「日経ヴェリタス」エコノミストランキングで2011年に第1位を獲得した上野泰也氏をお招きし、今後の経済についてわかりやすく説明していただきます。

-----------------------------------------------------------
 お二人の貴重なお話を、経営の一助に
-----------------------------------------------------------
 今、注目度の高い「知識経営」と「今後の経済情勢」についての貴重なお話は、必ずやご参加いただくみなさまの経営に役立てていただけることと存じます。当社グループはこれからもセミナー開催等を通じ、お客さまをサポートしてまいります。


1. 日本製粉経営セミナー開催概要
■日時:2013年4月18日(木)13:30~17:00
■会場:明治記念館鳳凰の間(港区元赤坂)
■テーマ:
第1部「イノベーションを持続可能にする集合実践知経営-Distributed Phronesis-」
一橋大学名誉教授 野中郁次郎氏
第2部「今後の日本と世界の経済情勢について」
みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト 上野泰也氏

2. 講師プロフィール
■野中郁次郎氏
【略歴】
早稲田大学政治経済学部を卒業後、富士電機製造株式会社に入社。その後、カリフォルニア大学バークレイ校経営大学院博士課程を修了、1982年に一橋大学商学部付属産業経営研究施設の教授となる。2006年に一橋大学名誉教授、現在に至る。知識創造理論を世界に広め、ナレッジ・マネジメントの権威。海外での講演も多数。
【著書】
2010年『流れを経営する』(東洋経済新報社共著)
2010年『イノベーションの知恵』(日経BP社共著)
2012年『知識創造経営のプリンシプル』(東洋経済新報社共著)
2012年『ビジネスモデルイノベーション』(東洋経済新報社共著)
その他多数

■上野泰也氏
【略歴】
上智大学文学部を卒業後、会計検査院に入庁し、旧建設省等の会計検査に従事。その後、富士銀行で為替ディーラーとして勤務する。為替、資金、債券各セクションにてマーケットエコノミストを歴任、1994年には富士証券設立に伴い、チーフマーケットエコノミストに就任する。みずほ証券設立に伴い、チーフエコノミストに就任、現在に至る。
【著書】
2009年『『依存症』の日本経済』(講談社)
2010年『日本経済 『常識』の非常識』(PHP研究所)
2011年『国家破局カウントダウン』(朝日新聞出版)
2012年『『為替』の誤解』(朝日新聞出版)
その他多数



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。