logo

ボイジャー、中国語版EPUBによる小説・コミックの配信を支援 Webアプリ型書籍ビューア「BinB」中国語版による「Gene Mapper」(藤井太洋)、「ピアノの森」(一色まこと)など配信開始

 株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:萩野 正昭、以下:ボイジャー)、は、2013年4月1日より台湾「群傳媒股份有限公司(eCrowd Media Inc.)」(本社:台湾台北市、執行長:龐文真、以下:eクラウド メディア)および、台湾「汪達數位出版股份有限公司(Wanderer Digital Publishing Inc.)」(本社:台湾台北市、執行長:董福興、以下:ワンダラー)の電子書籍サイトへ向けて、HTML5対応するWebブラウザ型の電子書籍ビューア『BinB(Books in Browsers)』の提供を開始しました。

 『BinB』は、すでに先行して国内で提供を開始しているYahoo! Japan「Yahoo!ブックストア」、ソフトバンククリエイティブ「ハーレクインコミックス」、集英社「ウルトラジャンプ」の各社電子書籍サイトで採用されています。加えて、今後は海外に向けて本格的に『BinB』の技術展開が開始されることになります。
 今回の台湾 eクラウド メディア 「Readmooストア」および ワンダラー との電子書籍サイトへの技術提供に合わせ、『BinB』の中国語の文字組への対応を本格的に向上させました。品質に厳しい台湾最大手の出版社からコンテンツ供給を受けているeクラウド メディアと、IT系の技術だけでなく印刷物のDTPにも精通しているワンダラーの二社での採用は、緊密な協働作業の成果です。また、『BinB』の高品質な文字組表現の信頼性と多言語への対応の現れでもあります。最新バージョンでは従来より好評なユーザーインターフェイスをそのままに、日本語、中国語へ対応し、今後さらなる多言語への対応を行います。

 これに先立ちボイジャーは昨年末よりeクラウド メディア および ワンダラーと協議を進めて参りましたが、この度の提供にともない、さらに各社の協働で電子書籍のコンテンツの配信および販売、電子書籍サービスの構築を加速させていきます。今後、各社は「作家と読者のために『交流』と『ビジネス』の広場を提供する」をコンセプトに、海外の作品の発掘や購入の場を提供し、さらに日本の作品を海外に展開していくことに貢献することを目指します。
 さらに、台湾二社と台湾出版業界へ向けて定期的に交流を行い、『BinB』を中心とするソリューションの普及を図るとともに、海外の出版業界各社の意見を広く取り入れることで、マーケットのニーズに迅速に対応したHTML5対応の電子書籍ソリューションを提供いたします。

参考情報 台湾 eクラウド メディア「Readmoo電子書籍ストア」取り扱い日本作品(BinB対応 中国語版 電子書籍)

■『BinB(Books in Browsers)』について
 ボイジャーは、20年来培ってきた電子組版の技術を発展させ、HTML5対応するWebブラウザ型の電子書籍ビューア『BinB』の展開を進めてまいりました。この『BinB』は、ボイジャーの「T-Time(ティータイム)」を発展継承させた、Webブラウザ型の電子書籍ビューアで、小説やマンガ、アニメ、写真集などあらゆるタイプの電子書籍に対応しています。特に小説は、スマートフォンなどの小さな画面でも紙の書籍と変わらない可読性を再現しています。
 『BinB』は、Safari、Google Chrome、Firefox、Internet Explorer 9以上などのWebブラウザを備える端末(PC、iPhone/iPadなどのiOS端末、Android端末)に対応し、世界標準の「EPUB 3」への対応や、ボイジャーの電子書籍フォーマット「.book(ドットブック)」を、システム側で変換しWebブラウザーで閲覧可能にしています。

〈群傳媒股份有限公司について〉
「群傳媒股份有限公司(eCrowd Media Inc.)」 執行長 龐文真(ソフィー・パン)
ホームページ:リンク
Readmoo電子書籍ストア:リンク
 2012年3月1日に企業と個人の共同出資により設立。主な株主は、ASUSの施崇棠会長、城邦文化(Cite Publishing Ltd.)、信誼基金会(Yuen Foong Yu Group)など。自社運営の電子書籍ストア「Readmoo」は、出版社80社と提携した幅広いジャンルの出版系コンテンツを配信する。海外マーケットの開拓にも注力しており、読者に多言語のコンテンツと、便利な閲覧サービスの提供を予定している。Readmooは、BinBによるOS非依存のWebブラウザによるかんたんで快適な読書環境に加え、SNS機能として、ハイライト、コメント、Facebookのシェア機能などがある。

〈汪達數位出版股份有限公司について〉
「汪達數位出版股份有限公司(Wanderer Digital Publishing Inc.)」 執行長 董福興(ボビー・タン)
ホームページ:リンク
 2012年創業の台湾の電子出版企業。EPUB3フォーマットを中心に電子書籍の制作や、出版社への電子出版コンサルティングサービスの提供、および自社の出版事業を展開している。現在、IDPFとW3Cの国際化ワーキンググループを参加し、中国語仕様の策定にも協力する。代表的な出版物は、レイ・ブラッドベリーの名作「華氏451」の60周年記念デジタル・オンリー版。藤井太洋の「ジーン・マッパー」中国語版。台湾で人気イラストレーターの蔡虫の「お宅の青春妄想」シリーズなど。ほかにも近日、超小型の電子出版情報誌「電書」をiOSアプリとウェブで同時に発表予定。今後もさらに積極的に海外作品を電子書籍として中国語商圏に発行していく。

〈株式会社ボイジャーについて〉
株式会社ボイジャー 代表取締役 萩野正昭
ホームページ:リンク
 Windows、Macintoshで標準的な電子本ビューア「T-Time」開発元。2000年に商用に電子本を販売することを目的として開発したドットブック(.book)は、T-Timeをビューアとして読むことが出来る。2006年セルシスと共同で携帯電話向けBookSurfingソリューション(現・BSソリューション)の提供を開始。2007年コミック・雑誌等の配信ソリューションとしてWebブラウザー用プラグインT-Time Crochetを開発。2008年iPhone対応、2010年6月iPad対応をし、.book&T-Timeのソリューションを幅広く展開している。
 また、2010年にEPUB3日本語ベーシック基準(日・英)を公開。EPUB日本語基準研究グループ(EPUBJP)発足にたずさわった。そして、2012年にBooks in Browsers 方式による新しい読書システム、「BinB(ビー イン ビー)」を公開。同年、ヤフー株式会社が運営するEPUB(イーパブ)を採用した総合電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」のビューアとして採用された。

〈商標について〉
*T-Time、.BOOK/ドットブック、Crochet/クロッシェ、BinBは、株式会社ボイジャーの登録商標です。
*会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

〈報道関係お問い合わせ先〉
株式会社ボイジャー 鎌田純子、清水勝
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14
電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080
Email:infomgr@voyager.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事