logo

オートデスク、3D CGアニメーション制作ソフトウェアの 新バージョン2014を4月12日より出荷開始

オートデスク株式会社は、3D CGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンならびにこれらをパッケージにした「Autodesk® Entertainment Creation Suite 2014」を2013年4月12日より出荷開始します。新バージョンでは、キャラクター制作でより高度なリアリティ表現を実現しながら、制作プロジェクトの業務ワークフローをより効率的に進めるための機能強化を行いました。

また、各ソフトウェアの新バージョンをご紹介するイベントを以下の通り開催します。
イベント名: 「New Year, New Tools, Come See 2014 UNFOLD ~M&E 2014発表~」
日 時: 2013年4月12日 13:00-18:30
場 所: 秋葉原UDXシアター および ライブストリーミング中継
詳 細: リンク

Autodesk Entertainment Creation Suite 2014のラインアップ
制作プロジェクトの規模や内容により必要なアプリケーション群を選べる柔軟性の高いパッケージ

Autodesk Entertainment Creation Suite Standard 2014 内容構成
製品名(用途)
Autodesk Maya® 2014またはAutodesk 3ds Max® 2014またはAutodesk Softimage® 2014(3D CG/アニメーション制作)
Autodesk MotionBuilder® 2014(リアルタイム バーチャル プロダクション/モーション キャプチャ エディティング)
Autodesk Mudbox® 2014(3Dスカルプティング/ペインティング)
Autodesk SketchBook® Designer 2014(コンセプト アート制作)

Autodesk Entertainment Creation Suite Premium 2014 内容構成
製品名(用途)
Autodesk Maya 2014またはAutodesk 3ds Max 2014(3D CG/アニメーション制作)
Autodesk Softimage 2014(3D CG/アニメーション制作)
Autodesk MotionBuilder 2014 (リアルタイム バーチャル プロダクション/モーション キャプチャ エディティング)
Autodesk Mudbox 2014(3Dスカルプティング/ペインティング)
Autodesk SketchBook Designer 2014(コンセプト アート制作)

Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 2014 内容構成
製品名(用途)
Autodesk Maya 2014(3D CG/アニメーション制作)
Autodesk 3ds Max 2014(3D CG/アニメーション制作)
Autodesk Softimage 2014(3D CG/アニメーション制作
Autodesk MotionBuilder 2014 (リアルタイム バーチャル プロダクション/モーション キャプチャ エディティング)
Autodesk Mudbox 2014(3Dスカルプティング/ペインティング)
Autodesk SketchBook Designer 2014(コンセプト アート制作)

各アプリケーションの新機能概要
Autodesk Maya 2014
•注記やメモをシーンデータに直接書き込めるグリース・ペンシル機能を新規に搭載
•Viewport 2.0の機能強化により、制作過程でも完成段階に近い品質で確認することが可能
•シーン アセンブリ、ファイル パス エディタ、URI (Uniform Resource Identifier) サポートツールなどを新規に搭載し、膨大かつ複雑なシーンの構築・管理がより簡単に

Autodesk 3ds Max 2014
•キャラクターに本物の人間のような反応や行動を取らせ、大規模な群衆を作る作業を短時間で可能にする Populate 機能を新規に搭載
•パーティクルフローの表示スピードが向上
•ビューポイント機能の強化により Microsoft DX11Shader に対応
•3Dシーンと背景イメージを簡単な操作で正確に合わせることが可能なパース マッチ機能や、ベクターデータ マッピングを可能にする ベクトルマップ を新たに搭載

Autodesk Softimage 2014
•カメラシーケンサ ツールセットを新たに搭載し、オリジナルのアニメーションデータに変更を加えずに複数のカメラショットを編集でき、シーン間の直接的な操作を実現
•CrowdFX と ICE (Interactive Creative Environment) の機能を強化して、パス、パーティションのコンセプトを、ICE のどの場面とも組み合わせることが可能
•ビューポイント機能の強化により、より忠実な相互運用性を実現
•Autodesk FBX 2014 のフォーマット形式で、アニメーションのデータ互換をより強化し、既存パイプラインへの統合を容易に

Autodesk MotionBuilder 2014
•Linux OSをサポート
•モーションキャプチャ ワークフロー機能を強化して、位置設定、計測、対象の選択の操作が簡易に
•カスタムビューポートのレンダリング能力を向上
•アセットを外部参照するためのAPI をサポート

Autodesk Mudbox 2014
•新機能リメッシングを搭載し、ポリゴンの流れの再構築や、モデルの詳細形状を損なうことなく必要なレベルでポリゴンの生成を調整可能
•マルチタッチ操作機能の強化により、指の動きやジェスチャーで直感的な操作が可能

製品名 発売日 希望小売価格(税込)
Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 2014 4月12日 本体:1,228,500円 Subscription:196,350円
Autodesk Entertainment Creation Suite Premium 2014 4月12日 本体:997,500円 Subscription:150,150円
Autodesk Entertainment Creation Suite Standard 2014 4月12日 本体:845,250円 Subscription:127,050円
Autodesk Maya 2014 4月12日 本体:535,500円 Subscription:102,900円
Autodesk 3ds Max 2014 4月12日 本体:535,500円 Subscription:102,900円
Autodesk Softimage 2014 4月12日 本体:577,500円 Subscription:226,800円
Autodesk MotionBuilder 2014  4月12日 本体:614,250円 Subscription:122,850円
Autodesk Mudbox 2014 4月12日 本体:115,500円 Subscription:17,850円

※希望小売価格は、日本における当該製品またはサービスに対するオートデスクのメーカー希望小売価格(税込)を示します。希望小売価格にインストール費は含まれません。オートデスク認定販売パートナー、販売店の販売価格はオートデスク認定販売パートナーおよび販売店が決定します。希望小売価格は参考値としてご参照ください。その他の諸条件が適用される場合もあります。

※ オートデスク認定販売パートナー、販売店から購入される場合の価格は、直接パートナーや販売店にお問い合わせください。

以上

オートデスク株式会社概要
本 社: 東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長: ルイス・グレスパン
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
ホームページ: リンク

Autodesk, Inc.会社概要
オートデスクは、人がより良い世界を創り出すために、想像力を働かせながらデザインしていく行動を支援しています。設計者からエンジニア、建築家、デジタルアーチスト、学生、ホビーユーザまで、あらゆる人々がクリエイティビティを存分に発揮しながら楽しんだり、重要な課題に取り組めるように質の高い製品を提供しています。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク 広報 池田
Email: kazuomi.ikeda@autodesk.com
Tel: 03-6221-3513

Autodesk、3dsMax、AutoCAD、Maya、MotionBuilder、Mudbox、SketchBook、Softimageは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
© 2013 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事