logo

【下田海中水族館】 4/20『科学的に裏付けされた、究極の癒し空間』 クラゲ展示室「クラリウム」オープン

藤田観光株式会社 2013年03月18日 16時42分
From Digital PR Platform


下田海中水族館(所在地:静岡県下田市3丁目22-31 総支配人:中野 浩一郎)は、4月20日(土)、ヒーリング音楽を手掛ける株式会社デラ(東京都港区六本木3-16-33青葉六本木ビル7F、社長:宇津木秀夫)と、「香り」を使ったソリューションを提供するエアアロマ ジャパン株式会社(東京都世田谷区用賀4-10-3、社長:柳川舞)の協力のもと、癒しの空間でクラゲ観賞をお楽しみいただける新施設「クラリウム」をオープンいたします。

4月20日(土)、下田海中水族館の館内、マリンスタジアム入口にある特別展示室を全面的に改装し、波に漂う様々なクラゲを見ることができる「クラリウム」が誕生いたします。
ユラユラと浮遊する姿を見ているだけで癒されるクラゲを主体にした展示、クラゲの世界を音で表現した究極の癒しサウンド(株式会社デラ)、交感神経の働きを抑え、慢性的なストレスを軽減することが科学的研究に基づき立証された「アロバランス」(エアアロマ ジャパン株式会社)の香り、この3つの癒し効果が、皆様を癒しの空間へ誘います。それぞれのクラゲの特徴を説明したパネル解説とともに、当館でしか体験できない音と香りとクラゲのコラボレーションを、ぜひお楽しみください。

■下田海中水族館 「 ク ラ リ ウ ム 」 概要 ■
【オープン】 2012年4月20日(土)
【規模】 面積:52平米(9.5m×5.5m)※バックヤード、パネル展示スペース含む 水槽:7基(水量600L~83L)
【コンセプト】:クラゲの見せ方と、音楽・香りの効果により、科学的に実証された癒し空間を提供
【光】:省電力のLEDライトを使い、水槽とゆらゆらと舞うクラゲを幻想的に照らします
【音】:クラゲの世界を音で表現した究極の癒しサウンドは、副交感神経を優位にし、脳派中のα波を増加させ、リラックス効果を高め、心地よい空間を演出します。
【香】:オーストラリア・クイーンズランド大学の脳神経研究チームが10年以上も研究を続け、交感神経に働きかける植物抽出成分を最適なバランスで配合した「アロバランス」を使い、嗅覚と交感神経の抑制からリラックス感を感じて頂けます。
【展示予定のクラゲ】 伊豆周辺に生息するクラゲを中心に展示を行います。
【お問い合わせ】下田海中水族館 0558-22-3567

※尚、オープンに先駆けまして、4月18日(木)10時より地元園児をご招待いたします。是非取材にお越しください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。