logo

平成25年4月から箕面森町に新しい保育所を開設

箕面市は、平成25年4月1日から箕面森町に定員70人の認可保育所を開設します。
箕面市では、子育てしやすさ日本一をめざして、平成21年10月に「待機児童ゼロプラン(案)」を策定し、保育所の新設・増築などにより大幅な定員増をはかってきました。今後は、さらに平成26年度に新たに萱野5丁目に保育所をオープンする予定で、これにより計画を上回る定員拡大をはかっていきます。

1.箕面森町地区の状況

箕面森町は、平成19年にまちびらきし現在も開発中の新しいまちで、現在約1,600人(2月末現在)が在住しています。
この地域では、平成23年4月に保育所・幼稚園一体型施設である認定こども園を開設しましたが、今後さらなる就学前児童の増加に対応すべく、平成25年4月に定員70人規模の止々呂美・森町エリアとしては初めてとなる認可保育所を新設します。

2.保育所の概要
 
〇名  称:「(仮称)森町友星保育園」
〇設置場所:箕面市森町中1-1-1(箕面森町地区センター内)
〇敷地面積:1,040㎡
〇定  員:70人(対象年齢 生後57日目~就学前)
〇運営法人:学校法人 山脇学園
〇オープン日:平成25年(2013年)4月1日

3.待機児童ゼロに向けて

箕面市では、子育てしやすさ日本一をめざして、平成21年10月に「待機児童ゼロプラン(案)」を策定し、330人の保育所定員拡大を計画し、保育所の新設・増築をすすめてきました。
今後は、平成26年度に定員100人規模の保育所を萱野5丁目に新たに1所オープンする予定で、これにより計画を上回る415名の定員拡大をはかっていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。