logo

◎Selas Fluid ProcessingがLinde Engineering North America Inc.に社名変更

The Linde Group 2013年03月13日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Selas Fluid ProcessingがLinde Engineering North America Inc.に社名変更

AsiaNet 52356
共同JBN 0256 (2013.3.13)

【ブルーベル(米ペンシルベニア州)2013年3月13日PRN=共同JBN】Selas Fluid Processing Corporationは13日、同社役員会が社名をLinde Engineering North America Inc.に変更し即日実施する議案を承認したと発表した。同社は空気分離、合成ガスのプラントと、精製、石油化学、化学、ガス、製薬産業用のtechonolgy furnacesとfired process equipmentのエンジニアリング、供給、建設を行っている。

Selas Fluid Processing Corporationはドイツ・ミュンヘンのLinde AGが1983年に買収し、LindeのEngineering Divisionの子会社になった。Engineering Divisionは、世界のプラント・エンジニアリングと建設の大手技術パートナーである。2009年、Linde EngineeringのNAFT加盟地域における空気分離、水素、合成ガス・プラント製品ラインは、Selas Fluid Processing Corporationに移管された。同年Selas Fluid Processing Corporationは米国西部とカナダの同社顧客へのサービスを強化するため、Revamp Service Groupを米テキサス州ヒューストンに移設した。

Linde Engineering North Americaのブルース・ヘンシンジャー社長兼最高経営責任者(CEO)は「社名変更によって、世界的技術、エンジニアリング、調達、建設企業としてのわれわれのステータスが一層反映される。今回の変更によって、当社が世界大手のガス、エンジニアリング企業のメンバーとして所有しているリソースが顧客の目にはっきり映ることになる」と語った。

同社のtechonolgy furnacesとfired process equipmentはSelas(登録商標)の商標で販売が継続される。

水理化学部門は同社の1部門として存続し、名称変更の対象にならない。水理化学部門は、0.1から15MM SCFD(スタンダード立法毎日、100から1万7000NCMH)容積の水素、合成ガス・プラント設計に特化している。同部門のモジュラー・プラントは規格化され、業界条件を満たしている。

オクラホマ州タルサにオフィス、同州ポートオブカトゥーサに製造工場があるLinde Process Plants Inc.は引き続き、天然ガス、精製、石油化学、ヘリウム・水素液化の産業にサービスを提供しているLinde Groupのメンバーとして運営される。

詳細はリンクを参照。

▽Linde Groupについて
Linde Groupは世界100カ国以上に約6万2000人の従業員がいる世界大手ガス・エンジニアリング企業である。2012会計年度のLindeの総売上高は152億8000万ユーロ(199億米ドル)だった。グループの戦略は長期的な収益成長を目指しており、将来性のある製品、サービスによって国際ビジネスを拡大することに傾注している。Lindeはビジネス展開する世界のあらゆるところで、株主、業務提携者、従業員、社会、環境に責任を持って臨んでいる。同社は、顧客の価値と持続可能な発展の両目標が結び付く技術と製品にコミットしている。

詳細はLinde Groupのサイトwww.linde.comを参照。

ソース:The Linde Group

▽問い合わせ先
Pam Earle, Marketing Manager
+1-610-832-8757,
pam.earle@linde-le.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事